中国華道

  • Day:2013.12.03 01:44
  • Cat:
陶芸教室で作った花器に花を活けたくて



参考にしてみたくて、行ってみました。

35020131014.jpg

中国華道教室。



四藝人文花道教室☆



一度レッスンを受けさせていただいたのですが、



感想は…



もう~、どうしていいか訳が分からん。



どう活けるかは、非常に先生の感覚によるところが大きい。



それに思ったより大きな花器を使って、想像より大きく活けるので、



そこもちょっと違ったっていうか…。



茶藝教室がひと段落したら、また続けるか考え中。
スポンサーサイト

Comment

華道とか茶道とか
色々流派があるんだよね

私も部活で華道をちょっとかじったわ~
其の流派(なんだか忘れたけどw)は
割と覚えやすくて 立体的に生けて行く感じだったから
形を作りやすかった気がするよ。

大振りにダイナミックに生けるのも素敵だけど
こじんまり 楚々とした感じに生けられてるのも素敵だよね。
写真のも 素敵だと思うけどな~
でも belindaさん的には ちょっと違ったのね^^;


※お祝いコメントありがとでした♪
養命酒に例えられて・・ 嬉しいよww
ってか
お父様 実は養命酒の味が好きだったとか?
だとしたら 私の仲間だ・・( ´ー`)フッ
こんにちは^^
なんでも完璧を目指すベリちゃん!!

もっと自由な感覚でいいんじゃないなかぁ~

その花器なら
はったお水にお花うかべても
素敵そう~
なっちんさん
こちらにもどうやら、決まった形があるようなのですが…。
「華道は引き算なんだよ。」
と言いながら、
「ここが空いてる、ここが寂しい」
とぎっしり生けていく先生…。
え?それは矛盾してないか?といつも混乱します。
なんとなく~というか、感性~というか、
そういう文字にし辛い、説明し辛い感覚をこれから身に着けられるのだろうか…?
(しかも先生の頭の中にしかないっぽい?)
と、若干心配いたしております…。
  • 2013/12/11 10:49
  • belinda
  • URL
よっちゃんさん
いや、完璧を目指すというより、
小さい器にちょちょちょいっと生ける方法だけ
さくっと教えてほしい私(笑)
大きな花器で生けるのが、若干負担でして…。
でもこういう基礎を固めないと、崩した簡単な感じの花は
生けられないのだろうか~?
と思うと、進む道の長さに気が遠くなりそうです^^;
  • 2013/12/11 10:51
  • belinda
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。