niniさん出国準備備忘録②狂犬病予防接種

前回までのあらすじ

01320131128.jpg

え?そんな長期連載だっけ?



不幸にも今年7月、狂犬病発生国になってしまった台湾。



こんな事もあろうかと、2年前からnini老師にマイクロチップを挿入し、



狂犬病の予防接種を年に1回は受けさせていたbelinda。



しかし狂犬病の抗体検査後、半年は台湾で待機しなければならないと知り、

00320131128.jpg

チョット!キイテナイヨ~?



まだ、いつ帰国になるかは決まっていないものの、



まずは来年3月のXデーに備えて抗体検査の準備を始めるのだった…。






さて、マイクロチップは挿入済み、前回の狂犬病の予防接種は去年の12月。



次にすることは、今年の予防接種だろうと

00220131128.jpg

病院行って来ました~。



注射代:200元也。(最新のレートで670円)

01420131128.jpg

予防接種後、具合悪くなったりしないか経過観察中~。



ついでに、抗体検査について聞いてみたところ…



「うちは血清採取までしか出来ませんよ~。」



想定内です!



予防接種後、7~14日間の間に血清を採るのがのぞましいそうで。



とりあえず一週間後、アサイチで血液採取、



夕方血清お渡しという約束を取り付けました。

02220131128.jpg

また注射?!



血清を受け取ったらそれを冷凍し、



発泡スチロールの箱へ保冷剤と共にイン!



詳しい血清の梱包方法はこちら。IATA650準拠三重包装について☆



EMSで日本の検査機関まで送っちゃいます。



アジアで唯一の狂犬病抗体検査機関 生物化学安全研究所のサイトはこちら☆



犬の場合は血清の検疫が必要だそうだけど、



猫は不要なので、ありがたいです…。

02020131128.jpg

感謝の気持ちを表す眉間押し。



おっと、その前に検査機関指定の口座に、



検査費用12,000円を振り込まないといけないんだった。

01820131128.jpg

眉間押しが気持ち良すぎて、おかしなカオになってます。


ただ今 海天禮坊☆ というオンラインショップで、



保冷剤と、EMSの七号の箱にすっぽり入る発泡スチロールの箱を購入しようと、



在庫の問い合わせ中。



もし在庫がなさそうなら

11001042.jpg

台北駅裏手の 後火車站☆ まで行き、



発送用の容器を色々物色して来ようと思います。



この記録が、どなたかのお役に立てば幸いです…。



続く→






猫の血清送付、

日本では検疫手続きはいらないっていうことなので気にしてなかったのですが、

台湾を出るときの手続きとして、農業委員会発行の申請書を

台湾側の税関に提出しなければならないのか?!

目下絶賛手探り中、続報をお待ちください…。
スポンサーサイト

Comment

猫情報ありがとうございます
はじめまして、台湾住み七年生の猫飼いです。
時々ブログを覗いてて、勝手にniniさんに親近感もっていました〜。
猫の帰国の手続きのこと気になっていたので詳しい情報ありがとうございます!
これからもブログ楽しみにしてます。

  • 2013/12/09 11:08
  • Chobi
  • URL
chobiさん
コメントありがとうございます!
台湾に住んでらして、猫飼いだなんて、
こちらも親近感感じてしまいます♪
今回は血清を日本に送って、狂犬病の抗体検査をするまでのくだりなのですが、
台湾人ブロガーさんが血清発送の詳しい方法をブログに載せていらっしゃって、
それがとっても役に立ちましたので、私も誰かのお役に立てればなぁと…。
血清送付まで済んでひと段落しましたので、
また順次記事を書いていく予定です。
今後ともよろしくお願いします!
  • 2013/12/11 10:55
  • belinda
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。