第四回「翌慎老師の緑光好陶器」教室

  • Day:2013.06.15 08:24
  • Cat:
さて、羅先生の陶芸講座



いよいよ大詰めです!



成形は今日が最後。



次回は釉薬をかける作業とのこと。



さぁ、気合い入れて参りましょう!



今日のお題は



お家を作ろう!



ということで。



一応参考資料を持って行きました。



じゃん!



しかし…



用意されていたのは、かなり乾燥が進んで



固くなった粘土の板。



なんでも少し強度がないと、



大きな物は作るのが難しいとのこと。



「曲げると折れるので曲げないように!」



これ…ムリやん…。



と、こんなこともあろうかと思い、



プランBも用意してあったのだよ!ふはは。



ばばーん!



中国は安徽省の世界遺産・宏村。



これをモデルにして作ったのが…



こちら!



入り口にはちゃんと(?)春聯も貼りました。



その後粘土が余ったので、



若干やっつけ仕事ながら



そして、



これに至っては本当に時間ギリギリで、



鳥が上手く作れず、



最後は先生に作ってもらったという…。



なんだかあっという間に



終わってしまった三時間。



来期も受講したいなぁー…。



(↑まだ終わってないけどね…)
スポンサーサイト

Comment

1. 丸いのも
素敵だけど
でも 結果、中国のお家(?)でよかったのでは?
直線的な感じと 窓の雰囲気が良いよ。


・・・ヘーベルハウスのCMを思い出したw


綺麗に焼けて出来上がってくれるといいね~♫
2. まぁ~♪
家まで作っちゃうの~??

どんな焼き上がりになるのかしら??

大きさとしてはどれくらい??

何処に飾るの??

質問攻めでごめんなさい!!
でも仕上がりが楽しみねぇ~
3. 色を塗るんでしょ ?
面白そうだね~

こういう高さがあるものは 難しいんでしょうね

・・ でも マグカップの出来具合が気にかかります
色まだ 塗ってないの (´0ノ`*) 
4. >なっちん@三毛♪ぶち♪きじとらさん
良かったどうこう以前に
技術的に作れるのがこのお家しか無く…(^_^;)
この安徽省の宏村、
かなり昔に行ったことがあるのですが、
桃源郷のモデルになった村なんだよ~って
タクシーの運ちゃんが教えてくれたんです。
そ当時外国人は入っちゃいけないエリアで、
香港人の振りをしろと無茶ぶりされながら
観光した、思い出の村です( ̄▽ ̄;)



5. >よっちゃんさん
焼き上がりはどうなるんでしょう~?
大きさとしては、横幅が10cmくらい?
キャンドルホルダーにしてもいいかと、
窓をたくさんあけました~。
でも、焼き上がってみないとなんとも…(--;)
6. >けめさん
色、今日塗ってきました~。
もうすこし丁寧にやればよかったと
反省しきりなんです(>_<)
焼きあがってみないと、どんな色になるか
全く雰囲気分かりません!
色のサンプルはあったけど、
それと全く同じにはならないようですし…
また出来上がりは忘れた頃にupします♡
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。