ブータン旅行記 其の弐

  • Day:2013.02.23 17:12
  • Cat:不丹
一夜明けて…う~ん、まだ明けてないか、夜明け前。



午前3時にホテルをチェックアウトし、



20分くらいにはチェックインカウンターに着いた私達。



Durk Airチェックイン・カウンターはW、空港入り口はゲート10。



車で空港ビルに行く場合は、どんづまりの一番奥になるんですが



シャトルバスの運転手さんに



「どこのエアライン?」と聞かれ、



こんなマイナーな航空会社、分かってもらえるんかいな?



と思いながら答えたところ、



「そうかー、じゃ10番だね。」



と、スルッと到着して少しびっくり。



おみそれしました…。

$台湾波斯猫飯店

ひとしきりはしゃぐワタクシ。

$台湾波斯猫飯店

こんな朝早いのに

$台湾波斯猫飯店

もう結構な行列が出来ております…。



ここでビザを見せてボーディングパスをもらうのですが、



ビザを見せないと、有効なチケットを持ってても



搭乗を拒否される事があるらしいです。



必ずプリントアウトして持参の事!




右側の窓際の席をリクエスト。



というのも、旅行会社の方から



「早めにお並びになり、『右窓際』のお席をリクエストしてみてください。



インドのゴハティからブータンのパロまで、



ヒマラヤ南麓を東から西に移動するルートになります。



クーラカンリ、ガンカルプンスム、マサガンなど、



晴天の日にはブータンヒマラヤをご覧いただけるはずです。



パロ到着直前には、ジチュダケ、ジョモラリ、



そして運がよければカンチェンジュンガも望めるはずです。」




というアドバイスを頂いていたからでして…。

$台湾波斯猫飯店

右窓際のF席、ゲットだぜ!

$台湾波斯猫飯店

惰性の様に、こんな早朝でも開いてるお店で麺を食べ、

$台湾波斯猫飯店

指定されたゲートで待機。



ここから機体までは、バスでの移動になります。

$台湾波斯猫飯店

空港のfree wifiと格闘しても全くつながらない事を嘆いているうちに



ボーディングの時間。

$台湾波斯猫飯店

ブータン女性の民族衣装であるキラを着こなすCAさん。

$台湾波斯猫飯店

まだ外は真っ暗です。



それでは、いよいよ尾翼に国旗の描かれたDruk Airに乗って、



龍の国・ブータンへ出発です!



第弐回でもまだブータンにたどり着けてまてん(笑)



次こそは上陸…してたいなぁ。(え?)
スポンサーサイト

Comment

1. いよいよですね!!
私も一緒に乗り込みましたよ~(ワクワク!!)

えっ?!
まだ飛ばないの~??

(タイのワンコは吠えないって聞いたのに
ブータンのワンコはワイルドなのね~!!(^▽^;))
2. >よっちゃんさん
タイのワンコは…暑いからぐったりしてるのかも?
ブータンは昼と夜の寒暖の差が激しいので、
夜あちこちで吠えてるのが聞こえると、
「頑張って走り回って、体あっためてね~」
って思うし、昼寝てるのを見ると
「お仕事ご苦労さん、ゆっくり休みなよ~」
って、語りかけてしまいます。

あ、まもなく離陸です。
その前に、安全に関する重要お知らせがありますので~(笑)
3. 無題
美味しそう――――^^
続きが気になりますね!
4. >なっつ。さん
いや、料理の味は可もなく不可もなく…(^-^;
なかなか移動しなくてごめんなさい。
次はブータンに上陸出来る…かな?
5. いやいや
こういう細かいところもちゃんと書いてくれると
なんか 自分も一緒に旅行してる気分になれる・・・

だからいいのさ♫

belindaさんが面倒じゃなきゃ この調子で書いちゃって欲しいです!

しかし
聞いた事がないような航空会社があったり
ビザが必要だったりと・・・ 私には未知の世界で面白い♪

さて
旅行会社の人が教えてくれた 綺麗な景色は見られるのかな~!?
6. >なっちん@三毛♪ぶち♪きじとらさん
またもや旅行記をしばらく放置してました(^-^;
台湾生活記録を挟みながらの、亀の歩みの更新になりますが、
どうぞ懲りずにお付き合いください(>_<)
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。