ブータン旅行をざっくり振り返る

  • Day:2013.02.16 08:48
  • Cat:不丹
世界で三本の指に入るほど離着陸が難しいと言われるパロ空港。



谷の間に空港があり、地形の関係上滑走路が長くとれないみたい。



着陸直前に急旋回!ああー、怖かった。



ティンプー経由でプナカに移動。



プナカでゾンを見ました。



入った瞬間、「あ、この場所大好き!」って思いました。



ちゅわ氏も同様に感じた模様。



この中には、国王が戴冠式や結婚式をしたお寺があるとか。



私達、特に何かを感じる能力はないんだけど、



無条件で気持いいと感じるこの場所、



いわゆるパワースポットなのかしら?



プナカでは、片道二時間の山道を登って、



現地の方々が湯治に来るという秘湯、チュブ温泉へ。



山登りの後の温泉、最高でした!



ターキンっていう、絶滅危惧種のもっさりした動物にも会ったよ~。



本当は、インドとの国境の町に行く予定だったけど、



峠が凍結して通れないということで、急遽民家に連れていかれました(^^;



ここでは、ドツォっていう、焼けた石を浴槽に入れて、



お湯を沸かしたお風呂に入ったり、



お家のおじいちゃんにアラという焼酎をご馳走になったり…



猫のカカちゃんと遊んだり。



この家のテンジン君と



(小学校低学年かな?



ちなみにブータンでは、国語であるゾンカ語の授業以外は、



全部英語で行うそうです。)



私の英語レベルが大体同じせいなのか、



(いや、精神年齢か?!)



一緒に遊んで盛り上がったり。



あまりにも楽しくて、ホテルに帰ってきてから、



嬉しいのと、寂しいのと、みんなが愛しいっていう気持ちが押し寄せてきて、



急にグズグズ泣き出してしまったりしました。



まさにウルルン体験?



最終日は



またもや片道二時間かけて山を登り、



標高3100mにあるタクツァン僧院へ。



キツかったけど、なかなか得がたい経験が出来て大満足です。



チーズと唐辛子を和えたエマダツィっていう料理が美味しくて、



かなり太って帰ってきました。



人は、米と唐辛子とチーズさえあれば、十分満足出来ると実感。



今はトランジット先のバンコクで、ブータンの余韻に浸っています。




機会があれば、また詳しくブログに書きたいと思います(出来るかな?)。



それでは、明日台北に帰ります。
スポンサーサイト

Comment

1. お帰りなさい!!
ってか・・・
まだ帰ってないんですね^^

ゆっくりでいいので
追加の記事楽しみにしていますよ~

やはり・・・
そんなに素敵なお国だったのですね^^
2. >よっちゃんさん
昨日の夜中に帰ってきました!
今日は友達の家にお泊まりさせてもらっていた
にーにー姐さんを迎えに行きまして、
旅行中に溜まった洗濯物をせっせと洗っておりました。
今年はブログを真面目にやるぞー!なんて言ってみたりして?f(^^;
3. 楽しかったんだね
だから 腑抜けちゃったのか?

でも
ウルルン体験しちゃったら
やっぱりね~ ちょっと思うところが出来ちゃうよね^^;

また行くチャンスあるよ、ブータン。
そして また訪ねたらイイじゃん♪

米と唐辛子とチーズ・・・と ビールかな?(笑)
唐辛子とチーズの相性はバツグンだしね。
4. >なっちん@三毛♪ぶち♪きじとらさん
私、結構感じやすいたちというか、影響を受けやすいというか…。
そういうのもあって、あまり好きになりすぎないように?
出来るだけ客観的に風景や人を見ようと思ってたんですが、
民家訪問になって、遂に…ウルッと(笑)
予算的にそうそう行ける場所でもないし、
この瞬間が愛しい~って感じでしたね。
それをちゅわ氏に話したら「???」って感じでしたけど(^-^;
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。