大好きな焙煎工房・しゃおしゃん

  • Day:2011.08.08 16:16
  • Cat:故郷
私の大好きな、

$台湾波斯猫飯店

しゃおしゃん。




しゃおしゃんのHPはこちら☆

$台湾波斯猫飯店

岩手に帰るたびに、彼女の工房を訪ねずにはおられません。




暑い日が続いておりますので…




去年の暮れにお邪魔した時の、雪景色の画像などUPしてみたいと思います。

$台湾波斯猫飯店

雫石町極楽野にある、工房兼試飲サロン。

$台湾波斯猫飯店

見事な借景です。

$台湾波斯猫飯店

本日のお品書き。

$台湾波斯猫飯店

早速邦威青茶を試飲させていただきました。

$台湾波斯猫飯店

お茶道具もユニーク。




一番右手はペーパーナイフ、プーアール茶などの塊を崩すのに便利なのだそう。

$台湾波斯猫飯店

そしてこれ、なーんだ??

$台湾波斯猫飯店

お土産の、新純香のドライいちごと、




その時実家でブームになってた柚子の皮の砂糖漬け。




こんな素敵に出していただきました♪




しゃおしゃん店主、小香さんは太陽のような人。




北風と太陽の、あの太陽です。




もし私なら、




「このお茶のここが素晴らしいんですよ!」




と、北風のように大声で語らずにはいられないかもしれない。




でも、彼女と向き合ってると、




なぜかじんわりと、お茶の魅力が伝わってきてしまう。




お茶をいただくことで、自分と対話が出来るような。




体でお茶を聞いているような。




じわじわと汗をかいたり、目の奥がゆるんだり。




急にねむくなったり、逆に頭がすっきりしたり。




彼女は、私たちがお茶と向き合えるように




そっと誘導してくれるだけ。




でも最後には、彼女の語りたいことは、きっと余さず伝わっている。




扱っているお茶の力に自信があるから、出来る事なのだと思います。

$台湾波斯猫飯店

猫のカップで頂いた栗ぜんざい。




お庭の栗の木の栗と、そして小香さんご自身がが育てた小豆で




作って下さったそう。




ほっこり優しい、なんだか安心する味。




以前は、盛岡市の材木町にお店を構えていた小香さん。




その頃から、彼女の人柄とお茶、そしてお店の雰囲気が大好きで




ちょくちょく通わせていただいてました。




そんな彼女がお店を閉じたのは、お茶作りに専念したいから、という事からでした。




最近会うたびに「仙人」…いえ、「仙女」度がUPしてる小香さん。




今に工房を訪ねたら、温かいお茶だけがテーブルに置かれていて、




彼女の姿が見えない…なんてとこまで行きそう?!




せめて姿は見せてくださいねー、小香さん!!(笑)

$台湾波斯猫飯店

こちらは工房の中にあったお茶の苗。




盛岡市内に茶畑という地名があります。




もともと南部藩の茶畑があったそうなのですが、




どうやら寒い土地だったので、栽培には成功しなかったという話も。




けれどこの苗は、小香さんがとある方から譲り受けた、茶畑のお茶、の子孫なのだとか。





由緒あるお茶に出会えて光栄でした。




この日は、邦威青茶と気仙茶を購入。

$台湾波斯猫飯店

気仙茶は、岩手県沿岸南部で栽培されている、北限のお茶。




それに小香さんが台湾で学んだ焙煎を加えました。




この後、小香さんの知人の方がやっている、南部鉄器の個展を見に行き、




すっかり冷えてしまったので、母のお気に入りの喫茶店

$台湾波斯猫飯店

風光舎に入りました。

$台湾波斯猫飯店

暖炉にあたりながら、温かいコーヒーをいただき。




帰るころには…

$台湾波斯猫飯店

もう真っ暗。




家に帰ると

$台湾波斯猫飯店

友人からうれしい贈り物が。

$台湾波斯猫飯店

たねやのふくみ天平☆




早速、しゃおしゃんのお茶と一緒に。

$台湾波斯猫飯店

むふふ。








しゃおしゃんのお茶の事を色々書きたかったのですが、




それこそ語りすぎて「北風」ブイブイ吹かしちゃいそうなので(笑)




詳しくは小香さんのブログ しゃおしゃん便り☆ をご覧ください。
スポンサーサイト

Comment

1. 涼しい~~~ww
もう、それだけで何も言うまい。
2. 無題
すてき~~~(〃∇〃)

そしてどこでもドアで雪国に行きたい~(笑)
3. こんばんわ(*^_^*)
岩手には、こんな素敵な処があるんですね。。。
自然に溶け込んだモダンテイストを感じます。
お茶には詳しくありませんが、ブログを読んでいて、落ち着き、和む風味を感じました(^^♪
環境と心込めて焙煎したお茶は、最高なんでしょうね(*^_^*) 風光舎の看板素敵ですね。これも鉄器なんでしょうね。
たねや私も大好きです。こしあんが特に好きです(笑)

4. 素敵ですね~
なんか ほっこりする。

ってか
雪景色~!!
ソコから 雪を一掴みとってきて
顔に当てたい・・・ 暑いよ、今日!( ´;д;)


で。
震災の影響はなかったのかしら?って思ったの。
岩手だってかなり被害あったよね?
工房・・・ 割れ物が多いと思うんだけど
大丈夫だったのかしら?


※ひんやり倶楽部ね~
大きいのが3枚 小さいのが2枚あるのだっ♪
5. こんにちは~
ごぶさたをしてしまい、失礼いたしました!
一気読みをさせていただき、ゼイタクな気分です♪

雫石のサロン、ステキですね~。猫のカップ、かわいいです。
手作り猫コースターもかわゆすです♪
台湾の布地、どれもかわいいですね~。
出来上がりを楽しみにしています!
6. おぉ!!
この時期の雪景色~♪

待ち遠しいような・・・
やっぱり寒いの勘弁のような・・・。

猫のカップ可愛いですね~
見ているだけで
優しいほっこりした味わいが伝わってきます^^

今日父しゃんは日帰り盛岡出張です。
お昼はぴょんぴょん舎の冷麺にしよう!!って
出かけていきましたよ~
7. あああああ~~~!
このお茶工房、凄く凄く行きたい~~!いつか必ず、絶対に行きます!
お茶も茶道具も、猫のカップで出される栗ぜんざいも、お茶に添えられたドライ苺や柚子の砂糖漬けも。。。もう全てがなんて素敵なお店なんでしょう!
だいたいからしてお茶フェチの私、もう目がハートハートです(笑)



風光舎もこれまたなんちゅう雰囲気たっぷりな喫茶店!宮沢賢治の物語から抜け出して来たみたい!
ここも絶対に行かねば~!
こんな幻想的な写真を見ると、寒くても雪の時期に行くぞ!と決意しました(^w^)
8. 無題
いつもペタ頂きありがとうございます☆
いっつもぷすっとほっこりさせていただいてまふ。
岩手のお茶工房さんのお話。
本を読んでる感じでサクサク読めました♪
実家が岩手なんですね?
私も宮城です。実家は青森なので雪をみると「わす↓↓」ってなりますね(笑)
小香さん、神の領域に達したかもしれませんよ♪
9. >altamiraさん
あっ…altamiraさんがスペインの太陽に(笑)
10. >Ricchanさん
どこでもドアは無理だけど、
ぜひ南半球へ!
ニュージーランドの南島なんか良さそう^m^
11. >ゆっこママさん
私も、自分の意見を押し付けるような事ばかり言っていないか
時々自分を振り返らないとなぁと思ったりして。
たねや、この時初めていただきました。
あんこって、やっぱりどこかほっとしますね^^
12. >なっちん@三毛♪ぶち♪きじとらさん
工房のお話よりも…
気仙茶の産地が、岩手県の沿岸だったので
色々と大変だったそうです…。
毎年ボランティアの方を募って、お茶摘みをなさってたのですが、
今年はお休みされるとか…。
被災された方に、心からお見舞いを申し上げたい思いで一杯です。
13. >あじゅさん
猫コースターは一旦お休みして、
今はゴルゴ針山??を作っています。
うまくできるかしら?ドキドキ♪
14. >よっちゃんさん
私もぴょんぴょん舎派です!
雪と夏の暑さが交互に来れば少しは過ごしやすい?^^;
却って体調崩しますね^^;^^;
15. >chat-vertさん
ちょっと車でないと不便な所にありまして…。
雪道の運転の練習をしてからおいでくださいませ^^;
こちらの工房、お店の看板も出ていないので、
予約の時に行き方を聞かないと、まずたどり着けないです。
でも昔のひよこ小屋を改築した、すごく味のある建物です。
16. >イッサンさん
初めまして!
わ~うれしい!コメントありがとうございます!!
いつも素敵なハンコを作っていらっしゃるなぁと
楽しませていただいておりました。
下北沢のアンティークライフジンで、私も
猫のポチ袋とか良く買ってるんです。
次行ったときは、イッサンさんのハンコ探してみますね♪
これからもよろしくですm(u_u)m
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。