上海・蘇州旅行記④外灘の夜景を見に

  • Day:2011.07.23 00:30
  • Cat:中国
外灘の夜景が諦めきれない我々、




最終日の夜に再度チャレンジ!








まずは腹ごしらえ。

$台湾波斯猫飯店

外灘18号ビルの中にある Sibilla boutique cafe☆

$台湾波斯猫飯店

水金地火木…天井には太陽系が。

$台湾波斯猫飯店

白ワインと共に軽くパニーニをいただきました。




デザートが欠かせない男・ちゅわ氏はティラミスも。








お腹を満たしたところで

$台湾波斯猫飯店

外灘から、浦東地区を眺めるの図。

$台湾波斯猫飯店

近未来的な、なんだか現実感のない風景。




そして外灘。

$台湾波斯猫飯店

$台湾波斯猫飯店

$台湾波斯猫飯店

上海租界時代の建物たち。

$台湾波斯猫飯店

こっちサイドは、まるで時が止まってしまったかのよう。




そんな外灘の風景を浦東側から眺めようと

$台湾波斯猫飯店

黄浦江を 渡輪(渡し船)☆ で渡ります。




お値段2元。(約26円)




昔、同じ寮の友人が、このフェリーを




上海のスターフェリー




と呼んでいて




スターフェリーは九龍半島と香港島をむすぶフェリー。




その頃は「そんな訳ないじゃん!」とみんなで笑い飛ばしてましたが、




いやいや、すでにスターフェリーと遜色ないのではないでしょうか。




そのくらい浦東の発展は目覚ましかった。

$台湾波斯猫飯店

今からかれこれ13年前、ちょうどこの場所で、




一向に進歩がない中国語の勉強と、




将来への不安をちゅわ氏に泣きながら相談したことがありました。




そんな事も思い出すと、若いころは頭でっかちだったなぁと




苦笑いしたくなります。




二人でずいぶん遠くまで歩いてきたもんだと感慨に耽りながら、




上海滞在最終日の夜はしんみり更けていくのでした。








実は明日からなんとまた上海へ…




今回は気の置けない友人2人と「飲み食い買い物」旅行になりそうです。




夜景の素敵なバーにも出没するかも?!




そんな訳でちゅわ氏、niniさんをよろしく頼みます…m(u_u)m
スポンサーサイト

Comment

1. 夜景
綺麗だね~!
ライトアップが物凄い!


・・・いま 日本がこんな状態だから
「これだけ電飾つけてたら(電飾っていうか?)
東電の電力は 一発でパンクだな~」とか考えちゃった^^;


レストランの照明が太陽系!面白い♪
こういう遊び心もイイね~☆

そして また上海へ?
飲み食い買物旅行~ いいね~(≧∀≦)
また写真沢山撮って ブログで見せてね♪

気を付けて行ってらっしゃいませヽ(゚∀゚)ノ
2. 夜景
香港のとは又違って、落ち着いている感じがします。
東京の夜景は節電のため、そんなにきらびやかでなくなりました。でも、それでいいんだろうなって思います。
泣いてたbeliちゃんをちゅわ氏が優しく慰めたんだろうな。きっとniniさんも彼の優しさに落ちるに違いない。むふふ、上海ゆっくり楽しんできてね。
3. 無題
渡し舟そんなのあるんですね。
次回はチャレンジしたいなぁ(スターフェリーくらい簡単に乗れるんでしょうか?)

前回は、私のたっての願いで外灘隊道を通ったのですが、、
夫は遠い目をしてました
ピカピカの中、変な人形や紙テープみたいのがびょーーっと風にふかれてたような
数年前のbelindaさんとちゅわ様のエピソードにぐっときました。
そんな時を経て今も共にいられるのは素敵ですね
  • 2011/07/23 10:11
  • まや
  • URL
  • Edit
4. 無題
夢の世界!?これは幻想的だ(・∀・)
幼い頃読んだ本の挿絵のような、現実とは思えない光景です
しかもこの海に写る灯りがイイ雰囲気ですね

いやはや予想以上でした
5. まぶしいなぁ~
今はどこに出かけても
暗くて。。。(>_<)

いつかきっと
また明るい街に戻るよね!?
これほどでなくてもいいから・・・。
6. >なっちん@三毛♪ぶち♪きじとらさん
でもまあ、一晩中ついているわけではなく、
10時台には消えちゃうので、一応それなりに
節電はしてるのかも…?
(たしか前は9時頃消えてたような…)
買い物、食べ歩き、夜景の見えるバーと
ちゅわ氏と行くのとは全く違った旅行になりました(^-^)
7. >altamiraさん
niniさんはほとんど彼の近くでは寝なかったと聞いて
勝利感に浸った私です(笑)
友人と行く上海旅行はまた、一味違ったものになりました(^-^)
8. >まやさん
観光船というより、生活船といった感じです。
観光隧道、私も乗りたいというちゅわ氏を必死に止めたのですが
結局乗ってしまいました。
きっと彼も二度と乗らないと思います(^-^;
9. >猫将軍さん
これは海ではなく、黄浦江という川なんです。
この川でクルーズを楽しむことも出来ますが
なにぶん川がまっ茶色というか、ドブ色なので…
夜の方が夜景しか見えず、楽しめるかもしれませんね(^-^;
10. >よっちゃんさん
今回の鉄道事故といい、
もし中国で原発事故が起こっても
政府に隠蔽されるかもしれませんね…
街のネオンが戻らなくても、
せめて遠慮せず冷暖房が使えるようになればいいですね…。
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。