上海・蘇州旅行記③上海食事編

  • Day:2011.07.21 08:50
  • Cat:中国
まず、二日目の朝は…




佳家湯包☆ の小籠包。




人気店でしばらくならんで入店。




食券制で注文も便利。

$台湾波斯猫飯店

普通の小籠包と、蟹の身と肉が入ったものを食べました。




蟹100%のものは、かなりびっくりなお値段でした。




スープたっぷり、味もあっさりしていておいしい。




その後、ちゅわ氏にとってはデザート感覚なのか…

$台湾波斯猫飯店

生煎を購入。




いわゆる「焼き小籠包」




とは言いながら、皮もそんなに薄くなくて、味ももう少しこってり、しっかり。




カリッと焼き色がついて香ばしい。




食後にはちょっと重いが…。




そして、上海で有名な小籠包と言えば…

$台湾波斯猫飯店

南翔饅頭店☆




実は昔、間違ってこの隣の店に入ってしまい、




「大しておいしくないじゃん。」




と大誤解をしたまま帰国してしまった愚かなワタクシ。




今回こそ、本物の味を…。





並ぶものの、回転率はなかなかのもの。

$台湾波斯猫飯店

早速アツアツを立ったままいただきました。




ええ、座る場所がなかったので。




一言で表現すれば




育ちざかりの男子が好きそうな味。




ちゅわ氏も




「あれ、昔食べたとき凄いうまいと思ったけど、




こんなにこってりだっけ?」





味覚も 老化 年を重ねる毎に変化するのか。




この間、きまぐれ書店員さんが 炭水化物オンザごはんの記事☆ をUPされてましたが、




ごはんにのせて食べるなら、ここの小籠包が一押しかもしれません(?)。








ここからは上海の夜編。




ちなみにちゅわ氏は仕事の為、ここから別行動でありんす。




酒鬼会長に連れて行ってもらいました。




スペイン料理の el Willy☆

$台湾波斯猫飯店

台湾では本格スペイン料理はなかなか食べられないし、




一人でこういうお店に入るのは難しい…。




お店やワインのセレクトといい、さすが会長は健在でした!




そして上海ブロガーkanaさんとご一緒したのは、




新天地にあるドイツビールの店、Paulaner Brauhaus☆

$台湾波斯猫飯店

このお店、台湾にも支店があるみたい。




ばななさんのブログに載ってました☆




男前のkanaさん、周りの欧米人に負けず、




腕がだるくなるように重い大ジョッキビールをグイグイ。




お二人ともお付き合いいただいて、本当にありがとうございました~♪








$台湾波斯猫飯店

その頃niniさんは…

$台湾波斯猫飯店

ぱおちゃん家に居候。

$台湾波斯猫飯店

ちゃんとパトロールもします。

$台湾波斯猫飯店

ばななさんがぱおちゃんを連れて散歩に出かけたとき、




家を出てから忘れ物に気づき、すぐに引き返したそう。




扉を開けると、いつもは隅のほうにいるniniさんが、部屋の中央でごろん。




ばななさんとぱおちゃんに気づくと、大慌てでまた部屋の隅に移動…。




堂々としているようで、




居候中は意外と気を使っていたのですね。




ごめんねーniniさん…。




そしてばな家のみなさん、本当にありがとうございました!

スポンサーサイト

Comment

1. 嗚呼niniさん
やっぱ癒されるわ~

でさ、蟹入りならまだしも、蟹の粉入りなんでしょ?
んなんで倍以上にもなるんだ、びっくりΣ(゚д゚;)
私は台湾の朝食べたショウロンポウで満足でしたが。上海のは又、違うんだろうか。
2. 無題
おいしそう~~~!!!
小籠包のデザートに焼小籠包もすてき(≧▽≦)

「育ち盛りの男子が好きそうな味」・・・
それおばちゃんの私も好きだ~~(笑)

niniさん、なんてけなげなの~~
たまら~~~~ん(〃∇〃)
3. お~
小籠包祭り?:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

蟹入りは やっぱ高いっしょ?
だって蟹だもん 蟹!!

ってか
メインで食べたのが 一番あっさりしてて
オヤツが こってり
その後のも コッテリしっかり・・・

順番 逆だったらヨカッタね^^;


そうそう
段々 脂っ気がダメになってくるのよね
胃が受け付けなるって言うか 消化できなくなるというか・・・
肉より魚を好むようになったりね。

でもまぁ それも人生よ(。・ε・。)←え??



niniさん・・・
遠慮深い子だったのね。
ってか やっぱり 誰も居ないと思えば
そりゃ ユルんで当然よ~(笑)
4. 無題
ドイツ料理のなんかハンガーみたいなのにかかってるの、ウィンナーですか?なんかインパクトありますね~

焼きショウロンポウって美味しそう♪

有名なお店の隣のお店、わざと間違える客を狙ってやってるんじゃあるまいか(笑)
5. 無題
あたい、佳家~のほうが好きです。
南翔~は上の階で食べてもふうんってかんじで、1階は皮が厚いし濃いしで途中でいやになってしまい・・半分残してしまったことも・・
生煎たべたいーーー
早く来月にならないかな・・・
上海いきたです!!
6. うんうん…
小籠包…
きっとご飯にのせても美味しいに違いない‼
だって餃子だって美味しいじゃない!
溢れるスープをご飯にしみこませたら
最高かも~(^∇^)

niniさん…
慌てて隅に戻った後ろ姿が見えるみたい(T ^ T)
7. 無題
住佳の純蟹小籠包大好きです。
蟹好きなものでたまらない!
しかし、ちゅわ様、鉄の胃袋ですね。
それだけ食べれたらいいなあ~
私も夫も毎回旅に出ると「帰ってきたら何も食べなくていいから死ぬ気で食べ尽くす!」と宣言するのにいつも挫折。
パンシロンのお世話になります。

belinda様、この間は優しいコメントありがとうございました
夫は火曜に香港経由シンセンあたりに旅立ちましたが、なんとか耐えてます(笑)
ゆくゆくは猫ちゃん又はワンちゃんとの同居を真剣に検討する予定です
  • 2011/07/22 16:22
  • まや
  • URL
  • Edit
8. 胃袋で巡る世界グルメの旅
全開ですね。上海でスパニッシュやドイツビールまで♪
個人的にはアツアツ小籠包を丼飯に乗せて頂きたいです・・・。

niniさんも、人知れず気遣いしてたんですね。お疲れ様~~。
9. >altamiraさん
ごめんなさい、altamiraさん。
蟹粉の解釈が間違ってました。
蟹粉って、蟹を乾燥させた粉末でも入ってるのかと思ってましたが
蟹の身やみそ、物によっては甲羅の粉まで
色々な部分が入ってるのが蟹粉なんですって。
さらに純蟹小籠包というのもあって、
それはお値段81元…
混ぜ物なしの蟹だけを使っているようです。
上海の方が味が濃くて、主張がもう少し強いような気がします。
10. >Ricchanさん
焼き小籠包は佳家湯包のすぐ向かいにあったんですけど
小楊生煎館っていう有名な店の名前をパクった?のかな??
それなりにおいしかったです。
無理やりご飯に合わせるならこれが一番かも?!
11. >なっちん@三毛♪ぶち♪きじとらさん
やっぱりこってりながら
「オレはやっぱり南翔の小籠包が好きだ!」
と最終的に回答するちゅわ氏でした^^;
ただ思い出の味と印象が違っていたみたいで
やや修正が必要だったとか。
私は…半分食べればそれで満足かな…?
12. >猫将軍さん
似たような名前の小籠包屋さんが
このエリアにやたらありました(笑)
この枝?に引っかかってるの、
プレッツェルという固いパンみたいなので
ビールのおつまみに食べました♪
13. >ずんこさん
う~ん、ずんこさんの意見に一票。
確かに皮の厚さ、油の多さ、
腹にもたれる一品ですね。
女子には佳家の方が人気なのでは??
生煎、やっぱりおいしいですよね。
どのお店のも極端なはずれはないような気がするのですが…。
14. >よっちゃんさん
う~ん…
書いてみたものの、なんだか小籠包とご飯を
一緒に合わせるイメージがわきません(笑)
無理やり合わせるなら、味の濃い方がいいのかなぁ?なんてね^^;
どちらかというと生煎の方が焼き餃子感覚で
ご飯と食べられるかも??
無理にご飯と食べなくてもいいのですが、
きまぐれ書店員さんへの挑戦で(笑)
15. >まやさん
おお、あの純蟹を召し上がったんですか!
私たちは値段にびっくりしてやめてしまったヘタレです…。
私も最近、年と共に胃の調子を壊しやすくなって
台湾の薬局で本来処方箋がないと買えない強力胃薬を愛用しています^^;
わんちゃん、にゃんことのいい出会いがあるといいですね^^
16. >ウルコさん
私、小籠包は主食としてしか考えられないのですが
きまぐれ書店員さんのブログを読んで、
固定概念にとらわれてはいけないなぁと思い(笑)
ごはんにのせたら、なにか新しい世界がひらけるかも?!
上海、さすが大都市だけあって、
世界各国の美食が楽しめます。
このスペイン料理のお店、万博の時には
スペイン国王が予約したそうなんです。
本物のスペイン料理をしらない私には贅沢でしたが
たいへんおいしゅうございました。
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。