勘違い。

元気出して行こう!





そう決めてから、私が出していたのはカラ元気で。





被災地の家族に、友人に、送っていた励ましのメールに連ねていたのは





自分を安心させるためだけの、押し付けがましい元気。










今、やっと気づきました。





本当に情けない。









ある、岩手に住む知人が、メールをくれました。




物々交換などで助け合いながら、




歩いたり自転車で移動できる範囲の人たちとの絆が深まったり・・・と




不思議に平穏な日々を送っている、と知らせてくれ、





そして、





「今は充電の時期、





私達被災していない者は、被災した人たちより先に立ち直っていなければ」




と結ばれていました。





彼女に、私の空疎な言葉ががどんな風に聞こえただろう。









母からは、却って私が慰められる始末。





「アンタ、ちょっと参ってるんじゃない?」





励まそうとして励まされるなんて、ほんと、本末転倒。









私も、今は何も出来ないと焦るよりも、





私と、ふるさとの事、もっとじっくり考えたい。





手伝えるときがきた時に、すみやかに力を発揮できるよう、





心と体の準備をしておきたい。





泣くなら、今泣いておきたい。





そして、静かな、揺るぎない元気を出していかなくては。










ごめんなさい、震災の記事、もう最後にしようしようと思いながら・・・。





本当に、今回で最後です。









台湾のみなさんから送られた募金、本当に感謝しています。





今朝、母との電話で、この話題になりました。





「台湾のチャリティー番組に、ビビアン・リーちゃんも出たんだって??」





お母様・・・





正しくはビビアン・スーちゃんです・・・(-"-;A



台湾波斯猫飯店

↑ちなみにこちらがビビアン・リーさん。





悲しみも、風とともに去ってほしいですね!

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。