山桜と奇跡を見に?聖母山荘へ

土曜の朝、礁渓にゴルフに行くことになった当館主人・ちゅわ氏。




彼からこんな提案が。




「礁渓で合流して一泊して、それから近くの山に登ってこない??」




と言うわけで、土曜の午後に、バスで台北から礁渓へ移動するbelinda。

$台湾波斯猫飯店

今回お世話になった宿は… 和風温泉会館礁渓館☆ 

$台湾波斯猫飯店

部屋へ着いてみると、早朝からゴルフでお疲れのちゅわ氏が爆睡中。




なので中途半端な写真しか撮れませんでしたが…

$台湾波斯猫飯店

しかもちゅわ氏入浴後の撮影でごめんなさい(/ω\)

$台湾波斯猫飯店

お風呂も、ベッドも広いし、悪くなーい(°∀°)b




ごめんなさい、全く良さが伝わらない画像で…(/ω\)




温泉につかってゆっくりし、翌日に備えて早めに休みました。








翌朝はタクシーで「五峰旗瀑布風景区」へ。




本日の目的地…それは 聖母山荘 




有名なTony氏の登山HPはこちら!☆




タクシーの運転手さんに




「帰りはシャトルバスがあるから乗るといいよ」




と教えてもらって、帰りのバスを確認。

$台湾波斯猫飯店

$台湾波斯猫飯店

なるほど、大体30分おきにあるのね。

$台湾波斯猫飯店

では、出発します。

$台湾波斯猫飯店

渓流沿いに歩いて、

$台湾波斯猫飯店

橋を渡ると、

$台湾波斯猫飯店

聖母山荘を示す表示が。




滝は帰りに見ることにして、まずは左へ折れます。

$台湾波斯猫飯店

いま…春だよね?大丈夫だよね??(((゜д゜;)))

$台湾波斯猫飯店

早速登山道に入ります。

$台湾波斯猫飯店

砂利道を上っていくと…

$台湾波斯猫飯店

巡礼地へようこそ、の看板が。




そう、ここ、実は台湾カトリックの聖地なのだそうです。

$台湾波斯猫飯店

時は1980年。

$台湾波斯猫飯店

聖母山荘のマリア像に、無事下山出来ますようお守りくださいとの祈りを捧げた




5人の登山者。




すでに日は暮れ、暗がりの中を手探りで下山してくると…



なんとこの場所に、聖母が姿を現したのだとか。




それ以来「奇跡の地」として、巡礼に来る敬虔な教徒が




後を絶たないそうです。




こちらの建物を回りこむようにして、さらに上っていきます。

$台湾波斯猫飯店

天気は残念ながら…ですが

$台湾波斯猫飯店

これからいくらか回復してくれないかなぁー。

$台湾波斯猫飯店

では、ここからまた木立の中を進みます。

$台湾波斯猫飯店

うん…早く歩けってね(゚ー゚;ハイハイ




しばらく歩くと

$台湾波斯猫飯店

分岐が。ここまで45分くらい?

$台湾波斯猫飯店

ここを標識どおり、左に進んでいきます。

$台湾波斯猫飯店

ほかにも登山者の姿を見かけましたが、みなさんもれなく




傘と長靴姿




私が雨具を着たり脱いだりしている脇を




「傘のほうが便利だよ、蒸れなくて(・∀・)」




と、追い越していったおじさん、アドバイスありがとう(*_*)




ううーん、受け入れられない(゚ー゚;

$台湾波斯猫飯店

山頂はガスがかかっているみたいだなぁー。

$台湾波斯猫飯店

さて、1時間ほどで、聖母登山歩道の入り口へ到着。

$台湾波斯猫飯店

この橋は

$台湾波斯猫飯店

天に通じる橋~??




か…帰ってこれる?

$台湾波斯猫飯店

橋を渡ったところには、キリスト生誕の図??




さて、

$台湾波斯猫飯店

マリア様に見守られながら

$台湾波斯猫飯店

本格的に登山開始で~す!

$台湾波斯猫飯店

最初は渓流沿いに歩いて…

$台湾波斯猫飯店

徐々に登りも急になってきます。

$台湾波斯猫飯店

濃いピンクの花が咲いていて、「山桜」と表示がありました。

$台湾波斯猫飯店

ここからは100mごとに標識が出てます。

$台湾波斯猫飯店

さらに登り続けること40分ほどで

$台湾波斯猫飯店

本来ならば、眺望の開けたところへ(ノ_-。)

$台湾波斯猫飯店

視界全然良くありません。小雨と風が吹き付けて…寒いです…。

$台湾波斯猫飯店

後100mの表示が出ました。




そして、




ついに…ついに…ゴールに着いたらしいのですが…

$台湾波斯猫飯店

なんじゃこりゃ。




この先をまっすぐ進むと「聖母峰」のようでしたが、




眺望があまりにも悪いので、直接聖母山荘へ向かうことに。

$台湾波斯猫飯店

白いマリア様の奥に…

$台湾波斯猫飯店

ありました、聖母山荘。

$台湾波斯猫飯店

中は板張りで結構広く、奥の祭壇には聖母像が。




先客のおじさんが、色々話を聞かせてくれました。




「昔はここで毎週ミサをやってたんだけど、




マリア様が山の下の方に現れてから、お金が集まって




そこに建物建っちゃったでしょ。




最近は誰もそこから上がってこなくなってね~。




週末、登山に来てる僕たちしか使ってないってワケよ(・∀・)」









みなさん…

$台湾波斯猫飯店

どうか山の上の彼女にも、会いに来てあげてくださいー(´_`。)




毎週二回、この山に登り続けて通算400回以上




という、もはやマリア様に代わって「ヌシ」のおじさんに別れをつげ、山を下ります。

$台湾波斯猫飯店

途中、金木犀がとても強く香っていました。




下りでは、ボーイスカウト・ガールスカウトの登山隊?に遭遇。




「あとどのくらい?」




と聞かれて




「もうすぐだよ(°∀°)b !」




と答えたら…




「会う人みんなすぐ着くっていうんだけど…全然じゃん・°・(ノД`)・°・」




と言った後、倒れこんでしまった…(゜д゜;)




少年、加油ー!




その後会ったおじさんは




「ねえ、ここであきらめたらもったいないとこまで来た?(・∀・)」




…大人は簡単にあきらめないのー!ヽ(`Д´)ノ

$台湾波斯猫飯店

さて、帰りは朝聖地へ寄ってみることに。

$台湾波斯猫飯店

マリア様が現れたのは、このあたりだそうです。




この後に五峰旗瀑布に寄ったのですが…




今日アメーバの調子が悪くて、全然画像がUP出来ないのでヽ(`Д´)ノ




またの機会にご紹介することにしますー。




七星山のように人気のある山ではないですが、




地元の人に愛されている山、という感じがしました(^-^)



$台湾波斯猫飯店

GPSログ解析

開始日時 2011/02/20 9:43:37 終了日時 2011/02/20 14:30:51

水平距離 9.92km 沿面距離 10.23km

経過時間 4時間47分14秒 移動時間 3時間51分51秒

全体平均速度 2.1km/h 移動平均速度 2.6km/h

総上昇量 862m 総下降量 813m

最高高度 899m 最低高度 77m

スポンサーサイト

Comment

1. おはよう ♪
聖母マリア様 霧の中で手を広げて
幻想的で 汚れた けめの心を
綺麗に洗い流しいくれそう

でも・・・会いに行くには メタボの私には
すご~い 試練 !

ひとまず この写真で 清い心になったつもり ヽ(;´ω`)ノ  
2. すごい!
登山家のようです。
お二人とも痩せたんじゃない?
登山苦行の成果ですね。

この間、北投温泉にOPENした加賀屋さんをレポートした番組をTVで見ました。値段は高いけど「おもてなし」の心が評判で、台湾人に人気とか。ホントか?
3. 凄いなぁ~
お天気のすぐれない中
大変だったでしょう~?!
でもマリア様のお姿に身も心も洗われました~?!
最後は雲もきれたみたいですね^^

私は坂の街に住んでいますが
昨日気が向いて坂の下のスーパーまで
歩いて買い物にでかけたら
帰りはゼーゼーよろよろでした・・・(>_<)
ベリンダさんを見習って
登山とまでいかなくても
少し歩かなければ!!
4. マリア様
こんな山中にまで出没。。。じゃなかった君臨されてるなんて、顔が広い!!
さすが私の憧れの女性、元祖カリスマ主婦ですね♪
相変わらずエネルギッシュに登山されているお二人・・・景色は肌寒そうだけど、熱いッスね。
5. >けめさん
大丈夫です!
山のふもとに、今では大賑わいの聖地がありますから
山を登らずともマリア様に会えます(^-^;
どんな風に現れたのか、知りたいですねー( ゚∀゚)
6. >altamiraさん
私もさくっと検索してみました。
結構満室が続いてたみたいですね。
日本のサービス、結構台湾の人は意外と好きなようで。
台湾人ブロガーさんのブログでも
「レストランでお茶がさめるとすぐ入れ替えてくれたー、
これがおもてなしの心か?!( ゚Д゚) ムホー」
見たいな記事を読みましたし。
日本や、日本文化に対して比較的好意的なこの国だからこそ
受け入れてもらえたサービス方針なのかな?
とも思います。
7. >よっちゃんさん
私たちも、別に風のようなスピードで
さくさく山を登ってるのではないですよ~(^-^;
亀のように登っております(〃∇〃)
GPSログ、見る人が見たら
"( ´,_ゝ`) プッ"
みたいな感じなんじゃないかしら??
8. >ウルコさん
なるほど、私たちも
「意外とフットワーク軽いな…」
って思っちゃいましたもの、カリスマ主婦様(笑)
最後の温泉とビールのために登ってます(・∀・)
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。