淡水・猫のいるbookカフェ「有河book」

台湾の猫好きが集うサイト・猫咪論壇☆




その中をふらふらしていたら、このカフェに関する情報をget!




早速出かけてきました。




MRT淡水線、終点の淡水。

$台湾波斯猫飯店

ちなみに淡水はココ↓

$台湾波斯猫飯店

本当に久しぶりに来たー!




川沿いの道を歩いて3分ほど、で

$台湾波斯猫飯店

有河bookに到着。二階へ登る階段の壁には、イラストが無造作に張られています。

$台湾波斯猫飯店

お、確かに情報どおり、猫がいそうです。

$台湾波斯猫飯店

中に入ると、大きな窓から見える淡水河が気持ちいいー!




壁面には本棚が並んでいます。

$台湾波斯猫飯店

そして・・・いらっしゃいましたー、べっびんさん( ´艸`)




私がオーダーしたのは、アイスラテ。

$台湾波斯猫飯店

冷たい飲み物は基本的に甘い台湾にあって、ちゃんと甘くないラテでした。貴重!




そんな私のテーブルの脇で・・・

$台湾波斯猫飯店

泳ぎの練習に励む?にゃんこさん。

$台湾波斯猫飯店

ついにはパッカリ開いて(暑いからねー)盆踊り状態。




店の奥の方まで行って、私にも読めそうな本を物色。




するとレジの脇の方に・・・

$台湾波斯猫飯店

アンモニャイトが一つ落ちてましたー。




思わず触りたくなりますが、

$台湾波斯猫飯店

「あなたのやさしさは、猫の災難」、あんまりかまいすぎないでねーとの注意書きも。




「引っ掻かれますよ!」って、引っ掻かれたお客さんも多いのかも。




そこはぐっとこらえましょう。




テーブルで飲み物を飲みながら、本をゆっくり選びます。




今回購入したのは、

$台湾波斯猫飯店

張佩瑜さんの、トルコ旅行絵日記。

$台湾波斯猫飯店

もう、かわいらしい絵~!




寝る前にちょこっとずつ読んでます。




うわー、こんな本読んだら、旅に出たくなるー!と

$台湾波斯猫飯店

こちらで旅行用の日記も買っちゃいました。




他にも猫の絵葉書やグッズ、淡水散策地図も販売しています。




淡水、なんと猫の街なそうです。




話は2008年にさかのぼります。




淡水にすむ猫たちが捕獲され、殺処分された事をある方がブログに書いたそうです。




そのブログにメディアが注目し、特集を組んで世の中の物議をかもしました。




それをを受け、淡水県の県長と、地元の有志が対談、




県長から、今後猫の捕獲を禁止し、淡水の猫たちを観光資源として認めるという




承諾を取り付けたそうです。




その会談が行われたのがこの「有河book」、まさに猫を愛するものにとっては




特別に意味の有る場所なのでした。




ちょっと遠いですが、そして「極簡cafe」のある師大路かいわいも猫と会える場所で有名ですが、




少し足を伸ばして淡水まで出かけてみませんか?




flickrで、投稿された淡水の街猫さんたちの写真を見ることが出来ます☆

有河book☆

住所:台北縣淡水鎮中正路5巷26號2樓

℡:02-2625-2459

営業時間:12:00-22:00


Yahoo地図で正しい場所が表示出来ません。

場所については こちら☆ をご参照ください。
スポンサーサイト

Comment

1. 無題
紆余曲折があった末の「猫の街」なんですね。
でも良い方向に舵を切った自治体の英断に拍手ですね♪
2. おはようございます。
猫のいる本屋さんでカフェなんて、猫好きにはたまりません。

近くなら毎日でも行きたいな(*^^*)

今では幸せな猫さんたち。

良かったですね(^o^)v
3. 無題
お客が来てもお構いなくくつろぐ猫達の姿がいいですね
触りたい(≧ε≦)でもそこは我慢ですねー

殺処分に関したブログをちゃんと取り上げてくれるんですね。
日本も動物をモラルなく売り買いし、捨てたりしてもお咎め無しの現状を反省すべきだと思います
4. 淡水
観光地で有名な町に、こんなエピソードがあったんですね。知りませんでした。
1月に行った時は淡水まで足を延ばさなかったけど、町を歩くだけで猫に会えるなら、行ってみたいなー。
アンモニャイトがかわゆす。
5. 猫を求めて
ぶらり旅も いいよね~

終点まで・・・って どのくらい時間がかかるんだろう?

それにしても
店内の猫さん 気儘~( ´艸`)
見知らぬ人間いて ヘソ天は凄いよね!!
6. 無題
すごく素敵なエピソードですね。どうしてこれが日本ではできないんだろう。ニャンコたちが たくさん幸せそうに暮らしているところなら 少々遠くたって 私も行きたいです。

盆踊り踊っている子のおなか すごい!
7. こんにちは
へ~こんな素敵な場所があるんですね。

ブログで、沢山の猫さんたちが救われたのね。
嬉しいですね。
8. そうか・・・
台湾にも盆踊りを踊れる猫は存在するのね~。(笑)
でもこの子、すごく大きくない!?
写真だからかなぁ?

県長自らちゃんと話し合いに応じて
意見をちゃんと聞き入れてくれるって素晴らしいですね。
日本の事なかれ主義の政治家も見習って欲しい~!
9. こんにちは
そんなストーリーがあった街・・・猫好きなら寄ってみたくなりますね。

足元でこんな盆踊りされたら、思わず構ってしまいたくなりますよね~。
10. こんにちは
猫好きで本好きなので
すっごく行ってみたい
カフェです(≧∀≦)

こんなお店が近所に
あればいいのになぁ♪
11. あなたのやさしさは猫の災難
あはは(笑)ここに集まる皆さんドキッとする注意書きですね~(^w^)

殺処分から猫さんが主役な街に変わっただなんて、ブログって凄い力を発揮する事がありますね~!
猫カフェの猫さん達の自由奔放なダラケ具合を見れば、いかにみんなから愛されているかがわかりますねo(^-^)o
平和な猫の街にバンザイ!



トルコって私もいつか行ってみたい国です。面白そうですよね~!
12. とっても
素敵ですね。カフェの注意がきも(*≧m≦*)その街の猫達も。


素敵なお話で感動しましたO(≧▽≦)O
13. >おくろママさん
日本なら絶対、こんな思い切ったことは
出来ないでしょうね。
猫が嫌いな人の反対もあるでしょうから・・・。
なんだかうらやましいです。
14. >ペコりんくうのママさん
外とは時間の流れが違うような、
素敵なブックカフェでした。
河を眺めながらゆっくりしたい場所です。
15. >猫将軍さん
ぱっかりお腹を見せて開いたところで、
これはお腹を触らせてくれるのかな?
と、そっと手を伸ばしたところ・・・
猫キック体勢に入ったので、
そっと引っ込めました(笑)
やはり猫さんとは適度な距離を保つべきですね(^-^;
16. >altamiraさん
私もサイトを見るまで
そんな話は知りませんでした。
猫カフェ情報は日本のガイドブックにも
載っていますが、
こんな街のエピソードも紹介して欲しいですね。
17. >なっちん@三毛♪ぶち♪きじとらさん
大体、台北駅から1時間くらい・・・かな?

きっとお客さんに対して
悪い事された経験がないから
お腹を見せたりするんですよね。
勿論過干渉するお客さんには
ビシッとした態度をとりますが(笑)
18. >啓介・あつみさん
お腹・・・
私も見直して、結構凄いなぁーと思ったんですが
わがniniさんのお腹を見て、物の数では無いと
悟りました(笑)
19. >こばさちさん
ブログにこんな力があるなんて、
そうして行政を動かしたなんて
うれしいですね。
20. >Emiさん
猫の盆踊りはいまや
世界中で踊られているんですね( ´艸`)
このブックカフェ、凄く小さなところなんです。
ここでそんな大きな決断がなされたなんて
ちょっとぐっと来てしまいます。
21. >テンポさん
私も今回初めて知りました。
これからちょくちょく足を伸ばしたいなぁと思います。
盆踊りで油断させておいて猫キック・・・
ありそうです(^-^;
22. >ニコママさん
このブックカフェ、店員さんも過剰に
干渉することなく
(きっと話を聞いたら熱心に答えてくれると
思うのですが)
ゆっくりじっくり本を選べるんですが
猫がいることでもっと時間の流れが
ゆっくりになる気がします。
23. >chat-vertさん
この標語?は
猫好きが肝に銘じておくべき基本項目ですね(^-^;
トルコの本、とても面白いです。
一気に読まず(まあ、中国語なのでそう速くは読めないですけど)
大事に読んでます。
行きたいなぁーいつか。
24. >もんちさん
猫との距離感、
大事ですよねー。
こういうところが
猫好きにはたまらないところですね。
私も、猫の気配を感じているのが一番好きです。
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。