陸羽茶藝中心で中国茶芸を学ぶ

  • Day:2013.11.30 18:58
  • Cat:
中国茶芸のスパルタと噂される、陸羽でお茶を習っています。



ただ今基礎班に参加中。

00920131129.jpg

以前は日本語のクラスもあったそうなのですが、



現在は中国語で授業を行うクラスのみ。



教科書の予習ナシで行くと、二時間良く分からないまま過ごす事に…。



しかも講座修了直前には実技と筆記のテストありと、地味に大変。



先日、実技のテストが終りました。

01020131129.jpg

茶葉を買って~

00520131129.jpg

ひたすら練習。



まずは所作を覚えるのでいっぱいいっぱい。

01120131129.jpg

空腹でお茶を沢山飲むと胃を痛めるよ、とのアドバイスに



お菓子をモソモソ食べながらお茶を入れます。



忙しい人からは、ただ遊んでるようにしか見えないに違いない。

01320131130.jpg

茶巾は陸羽の名前入り~。



試験の結果ですが…



結論から言うと、大失敗。



前半、所作を覚えるので精いっぱいで、



安定した味のお茶を入れようと意識を始めたのは、



もう試験直前になってから。



先生方に飲んでいただいて、茶葉多すぎとか温度高すぎとか、



色々アドバイスをいただいたものの、



結局は濃度を全くコントロール出来ず。



意外と先生方のいいという濃度が、私の感覚よりかなり薄かったので、



濃く入れるのを恐れ始めたのが運のつき。



試験中、お茶を茶杯に注いだ瞬間「げっ」って思うほど



うっす~い色のお茶を入れてしまいました。



もう飲まなくても分かる、甘味もなにもないすっからかんのお茶。



二煎目で挽回しようと少し時間を長めに置いたけど、



一煎目の失敗はもう取り返しがつかない…。

01620131129.jpg

私のお茶を飲んでくれたクラスメートが、感想書いてくれました。傷つけない様に言葉を選んで書いてくれてるのが泣ける。



結局試験の点数は、ギリギリ追試を免れるくらいのもの。

01520131130.jpg

かなり前に、岩手にある 焙煎工房・しゃおしゃん☆ さんで



養壺中の所、ムリを言って譲り受けてきた茶壺。



せっかく、掠奪されるように私のところに来てくれたのに



全然ちゃんと可愛がってあげられてなかった。



紅茶専用として育て始めました。

03320131130.jpg

同じくしゃおしゃんさんのところからお嫁入り。



岩手の陶芸作家さんのものです。



…容量が少なすぎるから少し使いにくい…かしら?



でもふちが薄くて飲みやすく、色もきれいなのでお気に入りです。





しゃおしゃんのオーナーさんも、以前に陸羽に通われていたとか。



散々な試験の話をしたら、色々なお話を聞かせてくださいました。



確かに試験の結果は残念で、緊張のあまり大失敗した自分には腹が立ったけど、



お茶を入れるって簡単そうに見えても、そういう事を越えた所にあるというか…。



やはり中国茶って奥深いなぁ、



学校は厳しいけどもう少し続けてみようかなぁ…とも想ったり。



まずは最後の筆記試験に向けて、気持ちを立て直したいと思います…。
スポンサーサイト

niniさん出国準備備忘録②狂犬病予防接種

前回までのあらすじ

01320131128.jpg

え?そんな長期連載だっけ?



不幸にも今年7月、狂犬病発生国になってしまった台湾。



こんな事もあろうかと、2年前からnini老師にマイクロチップを挿入し、



狂犬病の予防接種を年に1回は受けさせていたbelinda。



しかし狂犬病の抗体検査後、半年は台湾で待機しなければならないと知り、

00320131128.jpg

チョット!キイテナイヨ~?



まだ、いつ帰国になるかは決まっていないものの、



まずは来年3月のXデーに備えて抗体検査の準備を始めるのだった…。






さて、マイクロチップは挿入済み、前回の狂犬病の予防接種は去年の12月。



次にすることは、今年の予防接種だろうと

00220131128.jpg

病院行って来ました~。



注射代:200元也。(最新のレートで670円)

01420131128.jpg

予防接種後、具合悪くなったりしないか経過観察中~。



ついでに、抗体検査について聞いてみたところ…



「うちは血清採取までしか出来ませんよ~。」



想定内です!



予防接種後、7~14日間の間に血清を採るのがのぞましいそうで。



とりあえず一週間後、アサイチで血液採取、



夕方血清お渡しという約束を取り付けました。

02220131128.jpg

また注射?!



血清を受け取ったらそれを冷凍し、



発泡スチロールの箱へ保冷剤と共にイン!



詳しい血清の梱包方法はこちら。IATA650準拠三重包装について☆



EMSで日本の検査機関まで送っちゃいます。



アジアで唯一の狂犬病抗体検査機関 生物化学安全研究所のサイトはこちら☆



犬の場合は血清の検疫が必要だそうだけど、



猫は不要なので、ありがたいです…。

02020131128.jpg

感謝の気持ちを表す眉間押し。



おっと、その前に検査機関指定の口座に、



検査費用12,000円を振り込まないといけないんだった。

01820131128.jpg

眉間押しが気持ち良すぎて、おかしなカオになってます。


ただ今 海天禮坊☆ というオンラインショップで、



保冷剤と、EMSの七号の箱にすっぽり入る発泡スチロールの箱を購入しようと、



在庫の問い合わせ中。



もし在庫がなさそうなら

11001042.jpg

台北駅裏手の 後火車站☆ まで行き、



発送用の容器を色々物色して来ようと思います。



この記録が、どなたかのお役に立てば幸いです…。



続く→






猫の血清送付、

日本では検疫手続きはいらないっていうことなので気にしてなかったのですが、

台湾を出るときの手続きとして、農業委員会発行の申請書を

台湾側の税関に提出しなければならないのか?!

目下絶賛手探り中、続報をお待ちください…。

niniさん出国準備備忘録①半年の係留期間

07320131030.jpg

今年の7月に、狂犬病の発生が確認された台湾。



これを受けて日本の厚生労働省は、



「狂犬病が発生していない地域」から台湾を除外☆ しました。



そんな時も動揺しなかった私。



というのも、こんな事もあろうかと、



2年前にnini老師にマイクロチップを挿入、



狂犬病の予防接種を定期的に行ってきたのです。



もう、自分の有能さが恐ろしい~。

06520131030.jpg

眉間押されるの大好きなnini老師。ぐりぐり。



しかし、友人の一言で状況は一変。



「狂犬病の抗体検査の結果が出てから、



180日は台湾で待機期間が必要だから、



早めに手続きした方がいいよ~。」




と教えてくれました。

06620131030.jpg

「あに?!」



すでに台湾生活も長くなったし、



来年3月で帰国の可能性もゼロではない我々。



逆算してみると…



えっ?



なぬ?!



もし次の3月にXデーが来てしまったら、



いますぐ手続しても間に合わない?!!



6月まで私とnini老師だけ台湾に残るとしても ←え?

08120131030.jpg

眉間くぼんでしまったわ。



とにかく一刻も早く抗体検査を!



余裕ぶっこいて何もしてなかった事を悔やみつつ、



必死こいてネットで情報収集開始。



てっきり台湾で血清を採って、抗体検査を出来るもんだと思ってた私。



てか、どこの動物病院でも、ちょちょいと検査出来るんじゃないの??



と思ってたら…



どうやら動物検疫所の指定する検査機関のみで検査出来るらしく、



アジアでは日本でのみ検査可能…。



それがここ→ 生物化学安全研究所☆



病院で手続き代行してくれるんでしょ?



と思ってたけど、アメリカの検査機関に送っちゃう病院も多いらしい。



え?日本に送るより、時間も費用もかかるってことだよね??



そんな時、狂犬病発生後に日本に猫を連れて行った



台湾の方のブログ☆ を発見。



一連の手続きを、それはもう懇切丁寧に紹介してくれてるので、



とっても参考になりそう。



そしてこの方は病院で採ってもらった血清を、



日本の検査機関に直接自分で送ってる…



EMSの箱に保冷剤と血清詰めて…?!



もしかして、自分でやった方が早いのかもしれない…



と思った私、まずは日本の検査機関にメール送付。 ← イマココ



とりあえず明日、nini老師に第三回目の狂犬病の予防接種を受けてもらい



一週間後に血清を採取、それを日本に送ってみることにしました。

07020131030.jpg

赤峰街・小器オリジナルの数字バッグ。1~9まであって、売れ筋は7と8。




上手くいくか分からないし、途中で方針転換するかもしれないけど、



一応ここに備忘録として残しておこうと。



てか…



来年3月以降も台湾に残れたら



とっても助かるんだけどなぁ~…。



ちなみに抗体検査の有効期限は2年間だそうです(・ω・)ノシ

文化大学撮影入門班-淡水編②

20131109070.jpg

撮影班の李坤山老師の専門は、人物写真。

20131109075.jpg

私個人は、授業以外では撮ることはないかもしれないけど、



先生が色んな人に声をかけて写真を撮るので、



それに便乗してパシャパシャ。

20131109082.jpg

主題は完全でなければならない、



主題の被写体に何かかぶっていてはいけないし、同時に何かにかぶっていてはいけない、



というのが、先生の持論。

20131109105.jpg

20131109126.jpg

20131109127.jpg

忙しく餃子を包む、セクシーな水餃西施さん。



の隣には

20131109132.jpg

退屈そうなおばあさん。

20131109160.jpg

なんというか、彩度がかなり高い

20131109177.jpg

ちょっと泥臭い?写真が好きなようです、先生。



ちなみにこちらは、ボツになった写真たち。

24420131109.jpg

22720131109.jpg

やっぱり、主題が完全に写ってないからかな。



手や足の先が切れてるし…。

20320131109.jpg

そしてワタシ、これ結構好きな写真なんですが…



テーマがないのでダメらしいです。



でも、好きだから記念に載せちゃうし。






撮影入門班は修了したのですが、



引き続き屋外撮影実習に参加できるようなので



申し込んでみました。



ちなみに先週は西門町で、なかなかディープな実習に参加出来たので、



その時の写真は、また折を見てUPしてみたいと思います…。

箱入り娘

寝る前に箱を置いておくと、



翌朝には猫が捕れているという不思議。

20131018052.jpg

20131018056.jpg

20131018076.jpg

この足(笑)

20131018084.jpg

大興奮で舌を仕舞い忘れる。

20131018091.jpg

箱のふちにひしっ。

20131018093.jpg

おそまつさまでした。

文化大学撮影入門班-淡水編①

20131109003.jpg

わお~、一か月以上更新しなかったんですね、私。



お久しぶりです。



最近一気に習い事を始めて、日々バタバタしておりました。

20131109018.jpg

その一つが文化大学推廣部の撮影入門講座。



李坤山老師という、どうやら有名な先生(と受付の人が言っていた)の講座を



受講出来る事になりました。

20131109020.jpg

長時間・長距離の撮影授業でも物凄い元気な



おじいちゃん先生です。

20131109028.jpg

火曜日の夜に座学、土曜日は屋外で撮影授業。



この授業のために、事前に中国語のカメラの本を一冊読破、



カメラ用語を付け焼刃ながらなんとか頭に叩き込みました。

20131109053.jpg

この日は淡水の水上住宅や市場、お寺や古い街並みが残る場所などを



三時間以上歩きまくり、撮りまくり。

20131109066.jpg

「シャッタースピードは…ISOは…露出は…。」



と、弾丸のように繰り出される先生の指示に、



学生たちはワタワタ、オロオロ、アワアワ。

20131109174.jpg

私なんか後半、絞りの設定を大幅に間違えたまま、



写真を撮り続けちゃったもんね。

20131109209-1.jpg

そんな写真講座も、残す所後わずか。

20131109199.jpg

ただ今、さらに一つ上のクラスを受講するか、地味に悩んでます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。