第五回「翌慎老師の緑光好陶器」教室

  • Day:2013.06.21 16:37
  • Cat:
体調があんまり良くないので、



さくっと備忘録更新で。



羅先生の陶芸教室、本日は



ついに大詰め、釉薬をかける作業です。



教室に着くと、全員の作品が



すでに素焼きされて並べてありました。



この中から自分のを取りまして



釉薬の説明を受けます。



本来ならばテンション上がってるはずなのに、



再びの胃炎再発で具合悪い私、



ここに来て全く集中力が上がりません…。



「釉薬、あまり厚くかけないでくださいね~。



あんまり厚かった場合は、先生がやり直しますが~、



内心みなさんの事を恨むと思います~(笑)」



と、先生。



結構ドボッとつけたので、



今ごろ先生に恨まれてるかもしれまてん…。



やりたいことはあったと思うのですが、



何分体がしんどいので、



ちゃっちゃっちゃーと釉薬をかけ、



先生のアドバイスも無視して(←もったいない!)



授業終了の一時間前には全て終わらせ、



早退してきてしまいました…。



これまでの四回を棒に振った自分が恨めしい…。



来週は先生が生徒作品の焼きに入るので、



一週間お休み。



再来週、可愛い子供たちと再会です。



あんないい加減に産み落としておいてなんですが、



二週間空けて、アヒルは無事



白鳥に育っているのでしょうか~?



後は先生の腕に任せた!←え?
スポンサーサイト

第四回「翌慎老師の緑光好陶器」教室

  • Day:2013.06.15 08:24
  • Cat:
さて、羅先生の陶芸講座



いよいよ大詰めです!



成形は今日が最後。



次回は釉薬をかける作業とのこと。



さぁ、気合い入れて参りましょう!



今日のお題は



お家を作ろう!



ということで。



一応参考資料を持って行きました。



じゃん!



しかし…



用意されていたのは、かなり乾燥が進んで



固くなった粘土の板。



なんでも少し強度がないと、



大きな物は作るのが難しいとのこと。



「曲げると折れるので曲げないように!」



これ…ムリやん…。



と、こんなこともあろうかと思い、



プランBも用意してあったのだよ!ふはは。



ばばーん!



中国は安徽省の世界遺産・宏村。



これをモデルにして作ったのが…



こちら!



入り口にはちゃんと(?)春聯も貼りました。



その後粘土が余ったので、



若干やっつけ仕事ながら



そして、



これに至っては本当に時間ギリギリで、



鳥が上手く作れず、



最後は先生に作ってもらったという…。



なんだかあっという間に



終わってしまった三時間。



来期も受講したいなぁー…。



(↑まだ終わってないけどね…)

コーポnini




コーポnini



入居者募集中。

小器食堂

  • Day:2013.06.09 21:32
  • Cat:日式
陶芸クラスのお陰で、



時々のぞくようになった



赤峰街の、小器。



ここまできたら、小器のやってるレストラン



小器食堂に来るのは、時間の問題でした…。



また胃の調子が思わしくないので、



ここであっさり和食を食べようと



お邪魔してみました。



まー、とにかく人気。



並びたくない人は



開店と同時に来るのが無難。



お品書きはこんな感じです。



焼き魚、竜田揚げ、そして…牛丼?



器にも期待大。



ちゅわ氏の竜田揚げ定食。



んで私の、鮭の塩麹焼き…



鱈が来た?



間違って準備してしまったそうなので



鱈でもいいですよーと言ったら



値引きしてくれました…あわわ。



味はねぇ…



とにかく薄味。



しじみの味噌汁とか、



ちゅわ氏は味がないよ~という。



しかし…



結構私の実家の味付けに似てる。



↑北国なのに超薄味。



確かに味にパンチはない。



ちょっと、病院食にも似てるかも。



ん?



誉めてるの?けなしてるの?



とにかく私は嫌いじゃないよ~!



素材にはこだわってるらしいし、



野菜を使った副菜も充実してるし、



薄味なのは塩分控えめの証拠!



食べ盛り男子には物足りない味付けだけど、



胃弱女子にはうれしいかぎり。



微妙な表現だけど、



私、誉めてるんです!←え?



目的は器だったけど、



期せずして、台北でべり母の味発見?



ちゅわ氏は大〇屋の方がいいと言うので、



次は私一人で来ます(笑)



小器食堂

台北市大同區赤峰街27號

旅々台北の紹介記事はこちら☆

一人、日本語のものスゴく上手い

店員さんがいらっしゃいましたよ。

世界ネコ歩き 台湾編

只今、朝四時台



世界ネコ歩き、台湾編鑑賞中。



日本ではもう放送が終わってるそうですが、



友人から



台湾では今日放送だよ~



と教えてもらいまして、



ええ、台湾時間の朝四時から…(^_^;)



岩合さん、神。



九分(にんべんに分ね)、猴桐、



そして最後は淡水と、



台湾の風景と共に撮影されたにゃんこたち。



漢方薬を食べる猫、



niniさんも漢方の香り、大好きだから



素質あるかも?!



『台湾に来て…』



『アタシに挨拶ナシとは…』



アナタ、何様ですか?



撮影中は雨が続いて大変だったそうで。



お疲れ様でした!



niniさんもさすがに眠そうです。



さ、私も二度寝しよー。

第三回「翌慎老師の緑光好陶器」教室

  • Day:2013.06.08 04:03
  • Cat:
前回までのあらすじ



前回の陶芸クラスで、



隣に座ったおばさんの助言により、



カップの把手のデザインを



大幅に変更してしまう私。



大幅すぎじゃ!



それを大いに悔やみ、



今日は把手を引き剥がすところから



始めたいと強く願うbelindaでありました。






で、授業が始まって真っ先に



先生を捕まえて、今から修正出来るか



聞いてみました。



先生、私のカップを見るなり、



「どうしてこんな事になっちゃったの?!」




いえ…魔が差したとしか言いようがありません…。



しかし、先生曰く、



「もうかなり乾燥してしまったので、



把手は剥がせませんよ~…。」



思わず作品捨てて帰ろうかと思いました。



でも先生、そこはプロ。



把手の上に尻尾を盛ってみようか?



と言うことになり、



お分かりいただけるだろうか?



把手の上に粘土を貼り付けて、



尻尾を立体的にあらわしてみました。



これでテンションが上がってきた私、



続けて、新聞紙丸めて中に入れて



花瓶作成~。



先生が果物をモチーフにして



作品を作られているので、



私も「ドラゴンフルーツ」をイメージして



作ってみました、てへ。

photo:09


ん?この角度から見ると、



ちょっと印象違う?



隣のおばさんが



またまたお節介焼いてくるけど



今回は華麗にスルー。



しかし、彼女の発言は



陶芸経験者だけに、やけに



説得力あるんだよなぁ…。



お皿も作ったよ!



前回作った猫皿は



大分乾いてきたので、



濡らしたスポンジで丁寧にこすって、



表面の凸凹をきれいにして完成!



時間があまったので



リスも作りました。



来週は何を作ろうかしら?



悩ましいわ~。



ちなみに、粘土の中に気泡が入ってると



焼いてる時破裂するんですって…。



…みんな、割れないで帰っておいで!



おまけ



陶芸教室帰りには、



フローズンヨーグルトを食べながら、



その日作った作品の写真を見て



一人反省会。



台北はすっかり夏です。

礁渓温泉でダラリ 其の弐

  • Day:2013.06.06 08:11
  • Cat:台湾
礁渓温泉というタイトルながら、



温泉の記事はもうありません。わはは。



これからは礁渓で食べたもの紹介。



正常鮮肉小籠包



たまたまふらっと入ったお店だけど、



臭みがなく、なかなか上品な味で驚きました。



あっさり、上品な小籠包と言えば、



鼎太豐が有名だけど、



鼎太豐の上品さを10とすると、



ここは6.8くらい?(え、微妙?)



あまり肉の味の強さは感じられない。



しかも積み重ねてるのにくっつかない、



皮が厚いから破れにくいのかな?



と思ったら、薄い!



検索してみたら、台湾人ブロガーのみなさんが



結構取り上げていたので、



わりと有名なお店だったのかしら?



ただ気になるのが



「平日では2~30分、週末は一時間待ち必至」



という記事があったこと。



…ガラガラだったぞ?人気落ちたの?


正常鮮肉小籠包

住所:宜蘭縣礁渓郷徳陽街1號

TEL:03-9887276

営業時間:6:30~13:00 15:30~20:00

週末は夜22:00まで営業



さて、お次は礁渓の有名店



柯氏葱油餅



なんと1970年開業!



やっぱり並びました。20分ちょいくらい?



お久しぶりです、柯氏さん。



セルフサービスでソースを塗っていただきます。



一般的な葱油餅に比べ、



パンのような、モチモチした食感。



美味しい美味しくないの前に、



まず珍しさが先に立ちます。



(勿論美味しいけどね)



礁渓に来たら、一度試してみてくださいませ。



礁渓柯氏葱油餅

住所:宜蘭縣礁渓郷礁渓路四段128號

旅々台北の記事はこちら!

http://www.tabitabi-taipei.com/more/2013/0515/index.php



温泉とは関係無い食べ物記事、



もう一回続きます…。

水毒なんですって。

  • Day:2013.06.05 10:44
  • Cat:療癒
いやー、日曜日に走ってから、



すっかり寝込んでいる私です。



今週の中医は~?



(今週のサザエさんは~?風に)



はばーん!



暑気あたりに風邪に水毒だそうで。



水毒というのは、



体内に余分な水分がたまって、



それが体に悪い影響を与えてる状態らしい。



体のむくみは言うにおよばず、



めまいとか、頭痛、嘔吐、倦怠感、



寝汗…うん、確かに最近ひどいぞ。



水っぽい鼻水?うん、確かに出てるわね。



あ、胃腸の弱い人がかかりやすいのね。



えー、しかも暑気あたり?風邪も?



あー、そりゃダルい訳だわ…。



と、ますますぐったりする私。



(↑気持ちから呑まれる。)



というわけで、今週は



引き続き寝込んでいきたいと思います。



家事の手抜きはゆるしてちょ。

おやつが原因?

nini姐さんが、突然



耳をかゆがり始めて、



掻いて掻いて掻きむしって



遂に流血の惨事。



病院に連れていったら、傷が治るまで



はい、エリザベス女王の刑。



ブスッ。



一通り検査したけと異常なし。



先生に



「最近何か変わったことは?」



と聞かれ、



日本で大量買いしたおやつのせいかしら?



と答えたら、おやつ禁止になっちゃったよ。



アレルギー検査、してみたいんですが…



と言うと、先生曰く



「いや、検査料スゴく高いんで、



よっぽど深刻なアレルギーがないのなら



やらなくてもいいんじゃないかなぁ…。



もう12年も問題なかった訳だし。」



うん、確かに高かった。けど。



加齢で体質変わることって、



ないのかしら?



もしあるなら、一度検査してもらいたいわ~。



ホントにあのおやつが原因か、



はっきりさせたいじゃないの。



数少ない大好物なんだから、フン。



とでも言い出しそうなnini姐さんです。



ブスッ。






ところで、一度離れかけたブログに

段々心が戻ってきたようです…?

金門島もブータン旅行記も途中だったので、

これからまた、続きが書けたらいいなぁ。

臺北渣打公益路跑賽に参加してみた

本日、朝5:30より開催された、



臺北渣打公益路跑賽に参加してみました。



やたらと漢字が並んでますが、



要は



渣打=銀行の名前

公益=チャリティ

路=道

跑=走る

賽=試合



そうなんです、



小中高と体育の成績が2だった私が



走ってきたんですよ~。



今回の大会は 12.5km・3kmの二種類で、



私は12.5kmに参加。



しかし練習で走れたのは



どう足掻いても10kmが限界。



果たして完走なるか?!



スタート地点の総統府に、5:15頃到着。



結構ギリギリ。



事前にこの赤い袋を購入すれば、



スタート地点で預かってくれます。



とはいえ、テントの下に放置なので、



貴重品は入れられないですけど。



レース前のアナウンスで、



「すでに気温が28℃あります。



給水所では必ず水分補給してください!」



のアナウンス。



ギャー、生還出来るのか私?!



残念ながらレース中の写真はないのですが、



(本当、カメラ持っていけば良かった…)



バギーに赤ちゃん乗せて走ってるお父さん



カブトを被り、槍と盾を持って裸足で走るローマ兵



3km参加のゼッケンつけて、



12.5kmのコース走ってるお兄さん



(参加費違うのにズルい!)



まー、色々な人がおりました。



しかも、普段は車しか走れない高架道路の上を



走れてしまうのは、面白い体験かもしれないです。



鬼コーチ・ちゅわ氏が私の後ろに着いてくれ、



周りにつられてペースが上がると



「速いよ!」



と、声をかけてくれるお陰で、



(金哲彦コーチならぬちゅわ哲彦?)



最後の2kmくらいでペースを上げられるほどの



余力を残して走れました。



結果



なんとか完走出来ましたー!



しかし本当に暑かった…。



何人か倒れて、処置を受けているのを見かけました。



これからの季節、台湾のレースは命がけ?



しかし、あのバギーの赤ちゃん、大丈夫だったかしら…。



レースの申し込みは中華民国路跑協會へ

http://www.sportsnet.org.tw/

会員になれば、大会への

オンライン申し込みが可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。