猫館にチェックイン

タクシーに乗って



猫ホテルの猫館さんへ




チェックイン。



探検するnini姐さん。





トイレもチェック。



まず、チェックイン時に体重を量り、



私がnini姐さんの為に持参した品を



台帳に記入。



かかりつけの病院のチェック。



ご飯の回数、量、特別に何か必要な事など、



こと細かに聞いてくれます。



食器もniniさんが食べやすいよう、



浅いものを用意してくれたり…。



部屋の中の様子を見られるよう、



カメラがついてます。



これを見るためのアプリのDLの仕方、



見方など、丁寧に教えてくれました。



じゃあ、もうそろそろ行くね、nini姐さん…。



そんなひたむきな目で見ないで…(泣)



いつのまにか



外は強い雨。



私の代わりに泣いているようです。(?)
スポンサーサイト

淡水「榕堤」でバリ気分?

以前、前を通りかかって気になりながら



未だに入ったことのないカフェ、



夕日で有名な淡水にある



「榕堤」さんにお邪魔。



川沿いのソファ席が気持ち良さそうで、



ずっと入ってみたかったのです。



バリのリゾートの様な店内。←行ったことないけど。



川沿いの席は人気で、



一週間前には予約してないと取れないとか。



今日は急に思い立って来たので、



一番奥まった席に案内されました。



まずは度数7%の黒ビールを。



ちらりと写るカメラ女子は、台湾ブロガーのyungchiさん。



つまみは



蝦巻・魚丸・鉄蛋・魚酥など、



淡水の名物をオサレにアレンジした料理の盛り合わせ。



あ、にゃんこが外を。



地域猫活動の盛んな淡水では



猫との遭遇率高し。



そうこうしているうちに



夕日の時間。



次回は、川沿いの巨大ソファからこれを眺めたいものです。



榕堤・水灣

淡水中正路222-9號

℡:02-2629-0052(お店)

予約は02-2629-6464(11:00~17:00)まで

利用日の一週間前から予約可能だそうです。

淡水のいまいちな夕日

  • Day:2013.04.23 06:26
  • Cat:
淡水までわざわざ夕日を見に行ったので、



いまいちだけどUPしてしまおうという。



この直後、漁人碼頭へ慌てて移動。



しかし、この日は水平線上にかかる雲が厚くて



なんかちょっと残念な結果に。



港では



イカの水揚げをしていたでゲソ。



夕日を見送った後、



デートスポット・情人橋を女三人で渡り、



淡水のモン・サンミッシェル(←それはない)を眺めてから、



バスでMRT淡水駅まで移動。



少し遅めの帰宅になりました。



ブログ更新がなかなか進まなくなったのは、



PCの前に座る時間があまりなくなったからなのかな。



本当は色んなネタがあるんですが。



スマホやタブレットPCがこんなに世の中を席巻するとは、



思ってもみなかった時代にブログを始めたワタシ。



かといって、スマホのアプリでは写真がそんなに貼れない。



…ブータン旅行記、ワタシの気分が乗るまで



もう少しお待ちくださいませ…。

猫ホテルを探して・猫館

いままで、散々ばなな家に甘えっぱなしで、



家をしばらく空けるときは、nini姐さんを預かって頂いてたんですが…



そんなばななファミリーも遂に帰国。



以前利用していたペットホテルには不満があったし…。



と言うわけで、ネットで探して見学に行ってきました。



迪化街から程近い「猫館」。



今、三階の猫ホテルは掃除中なので、



二階で猫と戯れながら待ってて~と。



二階は、猫にまみれながら本が読めるスペース。



入る前に、ちゃんと手を消毒するように促されます。



ゆるゆるの台湾で、こういうの初めてかも。







こちらでは猫の里親探しも行っている模様。



よくこちらで聞く表現なのですが、



以認養取代購買



ペットショップで購入するより、



里親になってね!という事かな。



三階の猫ホテル。



見学の方~と呼ばれて上がって行ったら、



一部屋がかなり広い。



日本では当たり前かもしれないけど、



予防接種をしている証明の提出が必要なところ、



きちんとノミの駆除をしていることを確認されるところ、



健康状態と、かかりつけの動物病院を報告するところ、



近くに24時間対応の動物病院があること、



そして私達を飼い主ではなく、



「家長」(学校で言うところの保護者)と呼ぶところ(笑)、



カメラが付いていて、



パスワードを入力すればネットで様子が見られるところ、



まぁ、以前利用していた所よりしっかりしていたので、



こちらにお願いすることにしました。



家からもわりと近いし。



さすがにホテル内部の写真を撮るのは、



nini姐さんがチェックインしてからにしておきます。



あ、申し遅れました。



ちゅわ氏の台湾駐在、ひとまず後一年延長です。



猫館のHPはこちら

http://www.catnlife.com/about.htm







そんなnini姐さん。



最近入手した「アノ西太后が使っていた漢方パック」を使ってみたところ、



匂いがツボだったらしく、



ヨダレを盛大に垂らしながら、ワタシの顔にガシガシ擦り寄ってきます。



パックなど定期的にしたことない、ものぐさなワタシだけど、



nini姐さんを喜ばせたい一心で頑張るかな?!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。