うれしい事、ふたつ。

  • Day:2011.09.25 07:22
  • Cat:故郷
白状すると、最近facebookにはまってしまい、




ブログがおろそかになってしまっているbelindaです。




そんな(どんな?)ワタクシに、最近うれしいこと二つ。








先の震災で深刻な被害を受けた酔仙酒造。




その酔仙さんが、私の大好きな「雪っこ」の仕込みを再開されたそうです!

$台湾波斯猫飯店

先の震災で大きな被害を受けました、酔仙酒造につきまして

朗報が届きましたのでご報告いたします。

酔仙酒造は、地元酒蔵の協力により、千厩町に新たに製造場所を設け、

8月から銘酒『雪っこ』の仕込みを再開することとなりました。

当面は、生産量も少なく、地元消費を優先するため、

入手は困難になるかとは思います。


地酒蔵元会のHP☆ より抜粋。




ああ、「雪っこ」がまた飲める!




まだまだ震災の傷跡を癒すには時間がかかるとはいえ、




こういうニュースを聞けるのは本当にうれしい。








そして、以前ブログでご紹介した 月餅ハンターとしての任務☆




しゃおしゃん☆ さんから、みなさんに楽しんでいただけましたよ~と




ご連絡をいただきました!

$台湾波斯猫飯店

こういうのは本当にうれしい、




うれしいという言葉のさらに上の形容詞がほしいくらいです。




(ん?単に言葉を知らないだけ??)




沿岸の気仙地方で摘んだ「北限の」お茶に




しゃおしゃんさんが台湾で学ばれた焙煎を加えて作られる 気仙茶☆




毎年有志の方達が剪定、茶摘みをしてくださって、




しゃおしゃんさんが製茶されるユニークなお茶。




それが、今年は沿岸地方が津波で壊滅的な被害を受けたという事で、




毎年恒例の茶摘みを取りやめられたのです☆




こうやって、地元と強い結びつきを持ってお茶を作られているしゃおしゃんさん。




私なりに応援したくて、今回月餅ハンターへと変身した次第。




暗いニュースが多かった今年、少しでも楽しいイベントとして、




しゃおしゃんファンの方の記憶に残ったら…な~んて、




私が言うのもおこがましいですが…。




みなさんに、色々な月餅をご紹介することが出来て、




ワタクシも光栄でございました。




また来年も、ご用命お待ちしてます、しゃおしゃんさん!




多分来年も…台湾にいると思います…??
スポンサーサイト

大好きな焙煎工房・しゃおしゃん

  • Day:2011.08.08 16:16
  • Cat:故郷
私の大好きな、

$台湾波斯猫飯店

しゃおしゃん。




しゃおしゃんのHPはこちら☆

$台湾波斯猫飯店

岩手に帰るたびに、彼女の工房を訪ねずにはおられません。




暑い日が続いておりますので…




去年の暮れにお邪魔した時の、雪景色の画像などUPしてみたいと思います。

$台湾波斯猫飯店

雫石町極楽野にある、工房兼試飲サロン。

$台湾波斯猫飯店

見事な借景です。

$台湾波斯猫飯店

本日のお品書き。

$台湾波斯猫飯店

早速邦威青茶を試飲させていただきました。

$台湾波斯猫飯店

お茶道具もユニーク。




一番右手はペーパーナイフ、プーアール茶などの塊を崩すのに便利なのだそう。

$台湾波斯猫飯店

そしてこれ、なーんだ??

$台湾波斯猫飯店

お土産の、新純香のドライいちごと、




その時実家でブームになってた柚子の皮の砂糖漬け。




こんな素敵に出していただきました♪




しゃおしゃん店主、小香さんは太陽のような人。




北風と太陽の、あの太陽です。




もし私なら、




「このお茶のここが素晴らしいんですよ!」




と、北風のように大声で語らずにはいられないかもしれない。




でも、彼女と向き合ってると、




なぜかじんわりと、お茶の魅力が伝わってきてしまう。




お茶をいただくことで、自分と対話が出来るような。




体でお茶を聞いているような。




じわじわと汗をかいたり、目の奥がゆるんだり。




急にねむくなったり、逆に頭がすっきりしたり。




彼女は、私たちがお茶と向き合えるように




そっと誘導してくれるだけ。




でも最後には、彼女の語りたいことは、きっと余さず伝わっている。




扱っているお茶の力に自信があるから、出来る事なのだと思います。

$台湾波斯猫飯店

猫のカップで頂いた栗ぜんざい。




お庭の栗の木の栗と、そして小香さんご自身がが育てた小豆で




作って下さったそう。




ほっこり優しい、なんだか安心する味。




以前は、盛岡市の材木町にお店を構えていた小香さん。




その頃から、彼女の人柄とお茶、そしてお店の雰囲気が大好きで




ちょくちょく通わせていただいてました。




そんな彼女がお店を閉じたのは、お茶作りに専念したいから、という事からでした。




最近会うたびに「仙人」…いえ、「仙女」度がUPしてる小香さん。




今に工房を訪ねたら、温かいお茶だけがテーブルに置かれていて、




彼女の姿が見えない…なんてとこまで行きそう?!




せめて姿は見せてくださいねー、小香さん!!(笑)

$台湾波斯猫飯店

こちらは工房の中にあったお茶の苗。




盛岡市内に茶畑という地名があります。




もともと南部藩の茶畑があったそうなのですが、




どうやら寒い土地だったので、栽培には成功しなかったという話も。




けれどこの苗は、小香さんがとある方から譲り受けた、茶畑のお茶、の子孫なのだとか。





由緒あるお茶に出会えて光栄でした。




この日は、邦威青茶と気仙茶を購入。

$台湾波斯猫飯店

気仙茶は、岩手県沿岸南部で栽培されている、北限のお茶。




それに小香さんが台湾で学んだ焙煎を加えました。




この後、小香さんの知人の方がやっている、南部鉄器の個展を見に行き、




すっかり冷えてしまったので、母のお気に入りの喫茶店

$台湾波斯猫飯店

風光舎に入りました。

$台湾波斯猫飯店

暖炉にあたりながら、温かいコーヒーをいただき。




帰るころには…

$台湾波斯猫飯店

もう真っ暗。




家に帰ると

$台湾波斯猫飯店

友人からうれしい贈り物が。

$台湾波斯猫飯店

たねやのふくみ天平☆




早速、しゃおしゃんのお茶と一緒に。

$台湾波斯猫飯店

むふふ。








しゃおしゃんのお茶の事を色々書きたかったのですが、




それこそ語りすぎて「北風」ブイブイ吹かしちゃいそうなので(笑)




詳しくは小香さんのブログ しゃおしゃん便り☆ をご覧ください。

岩手の県産品、紹介します!

  • Day:2011.04.17 09:39
  • Cat:故郷
前回の 「南部美人」の記事☆ に、amiさんから




「お酒・お酒のあて以外のお勧めを紹介してください」




とのコメをいただきましたので…




私の超個人的好みで紹介させていただきます!








まずは盛岡冷麺




盛岡冷麺と言えば…私の愛して止まないぴょんぴょん舎☆




私の岩手県外に住んでいるリアル友は、一度は冷麺セットを




私から送りつけられた事があるでしょう( ̄▽+ ̄*)




前回帰国したときも、胃腸炎に苦しみながらも「ハーフサイズ冷麺」を完食。




もはや執念でした(;^_^A




冷麺セット等が買えるwebショッピングページへは こちらからどうぞ☆




また、盛岡まで行かずとも、銀座をはじめ首都圏にも数軒支店があります。




支店情報は こちらから☆




GINZA UMA店☆ では、冷麺・冷麺セットメニューの売り上げから5%が




義援金として寄付されるそうです。




盛岡冷麺を食べて、どうぞ被災地を応援してください!









さて、盛岡三大麺といえば…冷麺に続いて挙げられるのがじゃじゃ麺




じゃじゃ麺の有名店「白龍」の味が、なんとあなたのご家庭でも!




楽天市場で購入出来ますよ~☆




うどんのような麺に肉味噌をかけて、きゅうり・ねぎ・にんにく・しょうがをのせ…。




よ~くかき混ぜて食べ終わったら、




器に残ったタレに卵を加えてよく混ぜ、麺のゆで汁を注ぎます。




これが「ちーたんたん」と呼ばれるスープ。




今思えば、中国語の「鶏蛋湯」(ji dan tang)←卵スープから来ているんですね。




韓国から伝わってきた冷麺といい、中国から伝わったじゃじゃ麺といい、




なんだか国際的な岩手の麺です。







次なるお勧めは…




芽吹き屋☆




オンラインショッピングは こちらから☆




私もよく、母が買ってきてくれた 三色だんご☆ をおやつに食べていたものです。




豆好きの方には ずんだ餅☆ もはずせません。




冷凍状態で配達されますので、全国発送も可です。








そして…




もしかしてネット販売はしていないのかも…




と思いながら検索してみたらヒットした!




山のきぶとう☆




今回の震災で、非常に深刻な被害を受けた久慈の名産品。




山ぶどうを3年間真空状態で熟成させた、果汁100%ジュース。




貧血の父が、毎日お猪口一杯ずつ飲んでいた記憶が。




一般的な100%果汁グレープジュースに比べ、




鉄分は約6.5倍、カルシウムは約6倍含まれているそう。




産前産後の方、手術後の方への贈り物としても良いそうです。




ワイルドな酸味が私は大好き♪




かなり濃いので、水で薄めても、お湯割りでもOK。




サイトでは「ウォッカやジンに入れてもいい」と紹介されてました( ´艸`)




ネットショッピングは こちらから☆




追記:




すみません、山のきぶどうさん、震災の影響でまだ配送出来ない状態のようです。




一日も早い復活を祈りましょう…。







さて、岩手といえば、南部せんべいが有名です。




実は私…あんまり好んで食べなかったりします(;^_^A




でも…これだけは別!止まらないおいしさ!!




南部せんべい 巖手屋









割りっこ正油せんべい!!☆ 




割った南部せんべいの断面に、しょう油をしみこませた変り種。




最近出た商品らしいのですが、




前回帰省した時はなんと売り切れで買えなかった人気商品。




お茶請けにも、そしてお酒のアテにも最適な、万能せんべいです♪








他にも色々紹介したいものはあるのだけれど…




震災の影響で、生産や発送を中止している商品も。




とりあえず第一弾として、この5品をご紹介したいと思います。




ただ震災の影響で、配達日の指定が出来ないお店もありますので、




どうぞご了承くださいませ。




それでは岩手の味、よろしければどうぞお試しくださいm(u_u)m

なんと、同級生だったらしい。

  • Day:2011.04.11 09:45
  • Cat:故郷
最近、さまざまな方のブログで紹介されていた映像。




花見を自粛しないでください、という南部美人蔵元 久慈浩介さんのメッセージ。



母にこの話をしてみた。




「最近、南部美人があちこちで話題になってるみたいだけど…。」




すると母は意外な事実を私に伝えた。




「ああ、浩介君ね、あんたの同級生の。最近テレビ出てたよ~。」













…そうなの?!( ̄□ ̄;)





私が小学校低学年の多感な(?)時期を過ごしたのは、岩手県の二戸市。




久慈さんは私と同じ小学校に通っていた、同学年の方、らしい。




マスコミ関係の仕事をされていたらしいのだが、その後家業を継ぐ決心をされ




五代目蔵元となられたそうな。(←母情報なので精度は低いかも)




それから母は、南部美人の酒蔵があった場所を詳しく教えてくれたのだが、




いかんせん小さいころの話で、全く思い出せない。




思い出せたのは、よく納豆巻を買ってもらったおすし屋さんと、




よくチョコレートを買ってもらったケーキ屋さんのみ。




母によると、その先にあったのが南部美人酒造だそうだ。←ごめん、全く分かんない説明。




しかも、この久慈さんが、私の初恋の人のM君と仲が良かったと聞き、




急に話に食いつく三十路を過ぎて久しい私。




そんなか細ーい、弱ーい縁ではあるが、




酒飲みの一人として、やはり私も同年代の彼に賛同し、岩手の、そして東北のお酒を応援したいと思う。




私がこよなく愛する冬季限定のお酒、「雪っ子」



このCMを観ると、ああ、いよいよ雪っ子の季節~、とわくわくしたものだが




製造元の酔仙は陸前高田にあり、酒蔵は今回の津波で壊滅的なダメージを受けてしまった…。




父が酒屋を回って、まだ残っている雪っ子を買ってきてくれ、




「お前が帰ってきたら一緒に飲もうなー(iДi)」




と言ってくれてます。




私が帰るまで残っているかはあやしいものだが…( ̄ー ̄;




ただ 岩手日報の記事☆ によると、




隣接する一関市にしばらく使っていない蔵があるそう。




もしかすると、そこで製造再開…という希望も。




酔仙のみなさん、甚大な被害を受け、これから本当に大変なことと思います。




でも、どうか再建を果たして、酔仙ファンにまた雪っ子を届けてください!




その雪っ子、もしかするとまだ銀座にある いわて銀河プラザ☆ で




購入できるかもしれません。




手に入るようでしたら、酔仙と東日本の再建を祈りながら、お花見で飲んでみて下さいm(u_u)m




5月頃、一度岩手に帰ります。




その時は東北の名産品を買いあさって台湾に帰るつもりです。(←これは禁断の買占め行為??)




リアル友のみなさん、




東北の地酒祭りをしたいと思いますので、




私の帰国まで肝臓鍛えて待っててください:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

$台湾波斯猫飯店

割烹着姿のnini女将がお酌します( ´艸`)

$台湾波斯猫飯店

「熱燗?それとも冷で??」

$台湾波斯猫飯店

「belindaさ~ん、ほやの燻製、早くお持ちして!」




この割烹着も、石巻にお住まいのネリさんが作ってくださったもの。




また大きな余震があって、断水があったそうです…。




石巻、ぜったい復興するからね!との彼女の言葉に心を打たれます。




私も出来ること、本当に小さいことだけど、継続は力なりと信じて、




続けて行きたいと思っています。




おらもけっぱるぞ!(←ごめん、わざとなまった)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。