人生最大級の台風一過

そう、わだすは東北地方出身、



東北まで来た台風は基本、もうそんなに勢力は強くありません。



そんな、台風にはウブなだったアテシも、



台湾に暮らして足かけ8年、



相当スレたつもりでおりました。



しかし今回の台風で、



まだまだ未熟者だったと思い知らされる事に。



今回の台風体験、時間を追って書いていきたいと思います。






さて、12日の午前10時頃、



午後2時からの停班停課が決定。



会社も学校も、2時でクローズ。



台風の前の恒例行事、



テレビにかじりつきで発表を待った結果、



誰よりも早く停班停課をちゅわ氏に連絡、フッ。



だもんで、ちゅわ氏も3時頃には帰ってきて、



一緒にご飯食べに行ったりと、



少し早い週末気分でまったり。



ここ何回か、停班停課になったにも関わらず、



実際あまり大したことなかった事が重なったので、



すみません、ちょっと今回もナメてました。






実際3時頃には雨も降っておらず、



台風が来る実感全く無し蔵。



みんな家に帰る前に茶~でもしばいてくか~って感じなのか、



カフェもやたら混んでました。



nini姐さんは何か感じるのか、



しきりに外を気にしています。



夕方6時頃から雨足が強くなり、



風も出てきました。



その頃の我々、まだ余裕ぶっこいて



美木良介のロングブレスダイエット中。フゥー!



8時頃から、徐々に風雨も本格的に。



台北を通過するのは夜中の2~4時くらいと聞いていたので、



「ん?何だかスタート早くないか?」



ここで少し、いつもと違うことに気付き始める。



それから天候はどんどん悪化。



あまりの風の音に、nini姐さんも隠れて出てきません。



途中、私が止めるのも聞かず、



ちゅわ氏は海パンを穿いて、台風を体感するため外へ出ていく。



マンション玄関は土嚢が積んであったので、



わざわざ駐車場から出ていくという執念。



↑しかし今後は、台風で怪我しなくとも、



妻に殴られて怪我する可能性があることを



知らせてやらなくては。






日付は変わり、13日午前0時。



いよいよ風は荒れ狂い、



普段ではありえないことですがnini姐さん、



私のそばを離れません。



強い風が吹く度、私を見上げてにゃあと鳴くいじらしさよ。



そして…眠れぬまま午前3時。



それが始まった時、



目眩がしてるのかと思いました、ワタシ。



が!



突風が吹く度、マンションが揺れているのだと気付いてしまった。



嗚呼、気付かなければ良かったのに。



遂には建物がギシギシ言い出して、



今にも折れるんじゃないかと。



救いを求めるように夫を見ると、すやすや熟睡中。



さっきまでまんじりともしてなかったnini姐さんに至っては、



まさかのヘソ天で爆睡中…このタイミングで?



ああ、私の愛すべき胆の据わった家族達よ。



それでも、知らず知らずのうちに眠ってしまい、



午前8時頃には、



台風は桃園(空港のあるとこね)から海上に抜けた模様。



友人達とLINEで安否確認すると、



こんな画像が送られて来る。



そこで私も外に出てみました。



ぬおー!



ぬおー!



こちらの方は、ちゅわ氏海パン散策時点では



まだご無事だったそうで…南無~。



この後、午後からマッサージを受けに行ったのですが、



マッサージ師さん曰く



『午前中、中山北路をバイクで走ってきたんだけど、



街中を走ってるのに、



まるで森の中にいるようだったよ…。』



街路樹の枝が飛ばされて散乱し、



一面の緑だったらしく。



しかし、驚いたのは昨夜、



最も台風が猛威を振るっていた時刻に



窓から外をのぞいていたら、



スクーターで走ってた人が意外に少なくなかったこと。



さすが台湾の方は、台風に対する耐性が違う。



(とは言え今回の台風で、夜中にスクーターで走ってて、



飛んできたレンガに当たって亡くなられた方もおられたので、



みなさま、決してマネなさいませんように。)



いやはや、さておき。



人生最大の台風体験記念として、



ブログ更新しておきます。



なめたらあかん、台風。
スポンサーサイト

臺北渣打公益路跑賽に参加してみた

本日、朝5:30より開催された、



臺北渣打公益路跑賽に参加してみました。



やたらと漢字が並んでますが、



要は



渣打=銀行の名前

公益=チャリティ

路=道

跑=走る

賽=試合



そうなんです、



小中高と体育の成績が2だった私が



走ってきたんですよ~。



今回の大会は 12.5km・3kmの二種類で、



私は12.5kmに参加。



しかし練習で走れたのは



どう足掻いても10kmが限界。



果たして完走なるか?!



スタート地点の総統府に、5:15頃到着。



結構ギリギリ。



事前にこの赤い袋を購入すれば、



スタート地点で預かってくれます。



とはいえ、テントの下に放置なので、



貴重品は入れられないですけど。



レース前のアナウンスで、



「すでに気温が28℃あります。



給水所では必ず水分補給してください!」



のアナウンス。



ギャー、生還出来るのか私?!



残念ながらレース中の写真はないのですが、



(本当、カメラ持っていけば良かった…)



バギーに赤ちゃん乗せて走ってるお父さん



カブトを被り、槍と盾を持って裸足で走るローマ兵



3km参加のゼッケンつけて、



12.5kmのコース走ってるお兄さん



(参加費違うのにズルい!)



まー、色々な人がおりました。



しかも、普段は車しか走れない高架道路の上を



走れてしまうのは、面白い体験かもしれないです。



鬼コーチ・ちゅわ氏が私の後ろに着いてくれ、



周りにつられてペースが上がると



「速いよ!」



と、声をかけてくれるお陰で、



(金哲彦コーチならぬちゅわ哲彦?)



最後の2kmくらいでペースを上げられるほどの



余力を残して走れました。



結果



なんとか完走出来ましたー!



しかし本当に暑かった…。



何人か倒れて、処置を受けているのを見かけました。



これからの季節、台湾のレースは命がけ?



しかし、あのバギーの赤ちゃん、大丈夫だったかしら…。



レースの申し込みは中華民国路跑協會へ

http://www.sportsnet.org.tw/

会員になれば、大会への

オンライン申し込みが可能です。

台北は今日も雨だった

行かなくちゃ~



君に会いに行かなくちゃ~



傘がない…♪



という曲を、友人がカラオケに行く度に



必ず歌うのが心配なbelindaです。



(歌い出しは



「都会では自殺する若者が増えている~♪」)



台北、連日雨です。



ザ・梅雨です。



nini姐さん、



しばらく食欲がなくて心配してましたが



カットして、扇風機を回し始めたら、



(毛深いのにクーラーが嫌い)



段々いつもの調子に戻ってきました。



読書を妨害ちう。



姐さん、もうカビないでおくれ…。



台北にお越しの方、



晴れると日差しが強く、気温も上がるため



晴雨兼用傘を一本持ってると便利ですよ~。

腑抜け

ブータンから帰ってきて、洗濯だけは済ませたけど、



寝込んでしまってます。腑抜けです。



日がな一日、飲まず食わずでnini姐さんと寝室に引きこもり…二日目。



さすがにこれではいかんと、



パワーつけるため、一人マーラー鍋に来ました。



nini姐さんは行くなと止めたけど(T-T)



肉&野菜をがっつり補給して、早く立ち直らなくては~…。



いただきます。

いよいよ

いよいよ、年も押し迫って参りました。



ん?もう年は明けたと?



ノンノン、中華圏では、これからが新年!



西暦の1/1にはほとんど休みがないサラリーマンのみなさん。



明日から一週間ほど、旧暦の新年である春節休暇に入ります。



ちなみに今年の旧暦1/1は、2/10。



駐在員のみなさまは、一月から尾牙(忘年会)の嵐。



中華圏恒例の乾杯攻撃をくらい、肝臓と胃を酷使された事でしょう。



どうぞみなさま、しばらくの間ご家族とゆっくりお過ごしくださいませ。



我々はと言えば…



にーにー姐さんが台湾の高い湿気で皮膚病にかかり、



冬だけどサマーカット&毎日投薬の刑。



私は気のおけない友人と、尾牙女子会。



その後



山頭火で年越しラーメンを食し…



春節旅行の為に荷づくり開始。



荷物をご覧いただくと、どうやら常夏のリゾート地に行くのではないと



察していただけると思います(^^;



旅行先のネットの状態によりますが、



また現地から気まぐれ更新するかもしれません。



それでは中華圏のみなさま、よいお年を!



ビールも春節仕様。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。